岡崎公園の桜の見どころは?花見の後のおすすめコース!

岡崎公園は愛知県岡崎市を代表する公園です。岡崎城の城跡を公園にしたもので、徳川家康公のふるさととしても有名ですね。公園内には約800本のソメイヨシノが植えられており、お城をバックに咲き誇ります。

岡崎やこの地域といえば桜は岡崎公園といわれるほどで岡崎市民だけではなく遠方からもお花見に多くの人が訪れる人気のスポットです。

毎年春の時期になると昼の顔とはまた違う雰囲気の夜桜照明もなされます。
そんな岡崎公園の見どころや花見の後にいくことができるどんなお勧めコースがあるでしょうか?

岡崎公園の見どころ

歴史と文化の公園としての岡崎公園は平成元年に「日本の都市公園100選」に選ばれており、たくさんの見どころがあります。

さらには、平成18年に「日本の歴史公園100選」に選定され、同時に岡崎城も「日本100名城」に認定されました。

有名な存在へと押し上げたいくつかの名所が凝縮されているわけですね。

そんな見どころたっぷりの岡崎公園へお花見にでかける方のために、見頃時期や穴場スポットについてお知らせします。

Sponsored Links



桜の見どころ

時期としては3月下旬から4月上旬が一番の見頃となっています。

見どころの代表格としてはずばり夜桜の素晴らしさです
夜のとばりがおりてきて、あたりが薄暗くなった時にパッと点灯された明りによって映し出される桜の姿は東海随一といわれています。

お城もあわせてライトアップされますのでこれは必見ですね。

見どころ:伊賀川沿いの桜並木

伊賀川は岡崎城の西側を流れている川です。

伊賀川の堤防には約1000本の桜が植えられていて、花が咲くと見事な並木となります。

岡崎城のほど近くなので、岡崎城を眺めながら、堤防の内側の河原をのんびりと散策する多くの人たちがいます。

お城を後にして伊賀川をさかのぼっていくと、ますます桜並木は素晴らしくなっていきます。

堤防には菜の花も咲き、川と桜と赤い橋と黄色い菜の花という組み合わせが美しい景色です。

Sponsored Links



交通アクセスについて


住所: 岡崎市康生町561番地1

公共交通機関

名鉄名古屋本線「東岡崎駅」から徒歩約10分
愛知環状鉄道「中岡崎駅」から徒歩約10分

東名高速「岡崎IC」から国道1号経由約10分

駐車場

24時間営業の有料駐車場があります。
7:00~22:00は30分につき100円、上限は1500円です

花見の後のおすすめは?

花見をするだけでも満喫できるのですがその後の予定を前もって計画して家族サービスをされるのはいかがでしょうか

岡崎城

徳川家康の天下統一への拠点となった岡崎城

1452年(享徳元年)から1455年(康正元年)にかけて三河守護代大草城主、西郷稠頼によって築城されました。

その約70年後に家康の祖父である松平清康が入城。一時今川氏の勢力下にありましたが、桶狭間の合戦後に家康が入城を果たします。

天守閣は明治時代に廃城令によって取り壊されたのちに、昭和34年に再建されました。

郷土料理 岡崎公園内「八千代本店」

岡崎城の北側、能楽堂や東照公産湯の井戸の近くに創業100年の老舗の郷土料理のお店「八千代本店」があります。

豆腐料理・湯葉料理が有名ですが、ことに「菜飯」と「豆腐田楽」が素晴らしいと評判です。

菜飯の菜っ葉は、冬場に大根葉を乾燥させた自家製。

また岡崎といえば八丁味噌! 地元の名産味噌を用いて、備長炭で焼いた田楽は絶品です。

徳川家康がもしかしたら、食べたかもしれない地元の味を楽しむのもいいですね。

Sponsored Links



花見後 岡崎の見どころへ

東公園

愛知県岡崎市欠町字大山田1

渋滞がなければ10数分の距離なので計画に含めると楽しいかもしれません
1928年4月に開園と歴史のある都市公園なのですが
東公園動物園も含め入園が無料なのがうれしいですね
そして春の時期にはサクラも楽しめるのです
岡崎公園で花見を楽しんだ後
移動して花と動物を楽しむのはいかがですか
特に家族連れであれば満喫できると思います
初めてここを訪れるのであれば花菖蒲園もとてもきれいなので
6月ごろの菖蒲を楽しむ機会を今から下見することにもなりますよ

岡崎公園からは1時間位はかかるかもしれませんが一日コースとしては楽しめるおすすめ見どころコースとして次にご紹介するのは?

くらがり渓谷

愛知県岡崎市石原町字牧原日影2-2

くらがり渓谷のことはご存知かもしれません
ここの渓谷はさわやかさをもたらしますね
うまくいけばトウノウネコノメ(3月)を見ることもできるかもしれません
少し湿った場所に生える多年草菜のですが
時期は3~4月で黄色のような美しい花が咲きます。
桜の後に黄色の花と森林浴ができるのです

公共交通機関: 名鉄本宿駅よりバス「くらがり渓谷行き」下車すぐ
: 新東名高速道路「岡崎東IC」から約16km ないしは東名高速道路「岡崎IC」から約26km

岡崎公園は見どころがたくさん

岡崎公園のお花見の情報をお楽しみいただけたでしょうか。

お城には、当然のことながら歴史があります。そこにある桜をはじめとする植物たちも時代を生き抜いてきましたね。

見て楽しむことも食べて楽しむこともできる岡崎公園に出かけてみてはいかがですか