アヒ・チーノの値段は?激辛の唐辛子の食べ方とは?

野菜

唐辛子を家に常備している人、案外少ないかもしれませんね。子供がいる家庭だと、唐辛子を使う料理は、大人しか食べませんか。しかし「普通の唐辛子では物足りない!もっと辛い唐辛子が欲しい!」と思っている激辛好きの方も多いはず。そんなあなたにお勧めしたいのが、ペルー原産の唐辛子、アヒ・チーノです。

ペルー原産の唐辛子~アヒ・チーノ

アヒ・チーノは激辛好きにお勧め!
激辛ブームの今日このごろ、普通の辛さの唐辛子では物足りないというあなたにお勧めしたいのが、ペルー原産の激辛の唐辛子、アヒ・チーノです。

ちょっと小粒で、色は緑と赤の2種類となります。

京都府亀岡で超激辛唐辛子や京野菜に特化して生産・販売を行っている「篠ファーム」から販売されている商品です。

生産地は兵庫県です。「舌を刺すほど辛い唐辛子」とも言われるアヒ・チーノ

そのまま丸かじりするのは危険なので、やめておきましょう!


炒めもの、スープ、煮込みなどの辛味付けに最適です。

ただし、1回の料理に使うアヒ・チーノは1個にとどめておきましょう。

Sponsored Links



アヒ・チーノの販売元「篠ファーム」とは?

アヒ・チーノはペルーでは簡単に手に入る唐辛子ですが、日本のスーパーでは「篠ファーム」が生産・販売した商品のみが流通しているようです。

京都府亀岡の「篠ファーム」は、激辛で有名なハバネロなど世界の珍しい野菜を全国に出荷している会社です。

国内の需要が見込まれ、国内で生産されていない野菜に目をつけ、契約農家に生産を依頼しています。

契約農家からあらかじめ決めた買い取り価格で収穫後全量を買い取ることにより、農家の生産意欲を向上させ、地域の活性化に取り組んでいる企業です。

ハバネロを使用した加工食品も多種取り扱っており、ハバネロ風味の激辛ソース「京はばねろ 篠ソース」が特に人気です。

アヒ・チーノの値段は?手に入れるには?

アヒ・チーノの販売時期は、8月中旬から9月下旬までです。

販売時期の少し前に販売元の「篠ファーム」にお問い合わせいただくことをお勧めします。
「篠ファーム」のホームページで購入するのが確実です。

販売価格は1袋150円程度です。

「アヒ・チーノだけを買うために送料を払うのはちょっと」と思う方は、珍しい野菜を取り扱っているデパートの野菜売り場をチェックしてみてください。

Sponsored Links



アヒ・チーノを取り扱う際の注意点

アヒ・チーノを口に含んで数秒すると、辛味の強い刺激を感じます。

これは脳の神経が口の中が火事だという指令を出しているためで、涙や鼻水が自然に出てきます。

15~20分程度で辛味の刺激が収まってきますので、しばらく待ちましょう。

(くれぐれも、生のアヒ・チーノを口に含んだりしないよう、注意してください!)

アヒ・チーノを触った後は、手をよく洗ってください。

洗った後も、目や皮膚の弱いところなどに触れないようにしてください。

アヒ・チーノのどの部分が辛いかですが、種子の周りが最も辛く果実はヘタに近い部分が最も辛いです。

アヒ・チーノの簡単レシピ

唐辛子を使ったレシピにはさまざまなものがあります。

普通の唐辛子に代えてアヒ・チーノを使うと、激辛好きの人好みの料理になります。

アヒ・チーノのミートソース


市販のミートソース缶にアレンジを加えて、激辛のミートソースをお手軽に。ミートソース缶1缶、ひき肉100グラム、みじん切りの玉ねぎ1/2個、刻んだアヒ・チーノ1個をフライパンに入れ、よく炒めます。暑い夏にお勧めのレシピです。

豚しゃぶのアヒ・チーノ炒め


豚薄切り肉に片栗粉をまぶして湯通ししてから、アヒ・チーノ3個 (刻まない) と炒めます。味はつけなくてもアヒ・チーノの辛味だけで美味しく食べられます。アヒ・チーノは食べず、豚しゃぶだけを食べるようにしてください。

釜揚げしらすとアヒ・チーノ


和食にもマッチするアヒ・チーノ!
釜揚げしらす1パック、刻んだアヒ・チーノ1個、料理酒大さじ5、しょうゆ大さじ1、顆粒だし少々を鍋に入れ、汁気がなくなるまで炊きます。ピリ辛がくせになる美味しさ。ただし相当辛いです!

レンコンとアヒ・チーノのソテー


イタリアン風のレシピです。
フライパンに、オリーブオイル大さじ2、スライスしたにんにく1片、みじん切りにしたアンビョビ8枚、刻んだアヒ・チーノ1個を入れ、火をつけ、弱火でオイルを温めます。にんにくの香りがたってきたら、イチョウ切りにしたレンコン200グラムを入れて、火が通るまで炒めます。結構辛めの仕上がりになりますので、アヒ・チーノとアンチョビの量は、適宜調整してくだい。

Sponsored Links



激辛好きなら試してみたい

たった1個で舌を刺すような刺激を感じさせてくれる、激辛の唐辛子、アヒ・チーノ。

常備しておけば、外食しなくても、自宅で激辛料理を楽しむことができ、節約にもつながります。

紹介したレシピなどを参考にして、アヒ・チーノを普段の料理に活用してみてはいかがでしょうか?