カイランの値段は高いの?この高級中国野菜の食べ方とは?

野菜

こちらを覗いてみたあなたは野菜好き?それとも「カイラン」の美味しさに虜になってしまった人?それまさに私です!!カイランは主にタイ料理や中華料理店で食べられることが多い食材で、私は過去に中華料理店に行き、前菜のような感じで何気なくでてきたカイランを食べて、虜になってしまった1人なんです!そんなカイランについて知りたいあなたと一緒に詳しくみていきましょう!

カイランって何の野菜なの?

カイランとはアブラナ科の仲間になり、その仲間にキャベツやブロッコリーなどがあります。

結球しないキャベツ(葉が1枚ずつ離れている)の1種とされ、ケールとブロッコリーをかけ合わせたようなイメージのようです。
立派な緑黄色野菜の一員です!

葉と茎の両方を食べることが出来ます。
葉には深みのある苦味があり(ほうれん草に似たような苦さ)
茎には甘味(ブロッコリーのような甘味)があるのがカイランの美味しさの秘訣です!

栄養面でも食物繊維、ビタミンC、カリウム、カルシウムなどが摂取できる特に女子には嬉しい野菜ですね!

なんとなくイメージできましたか??

確かに近所のスーパーなどではあまり見かけたことないなぁと感じるかもしれません

中華料理店なら味わえるかもしれない食材ですね

なかなか簡単には手に入らないからこそ、貴重であり機会があったら是非皆さんにも食べてみてもらいたいと思う野菜なのです!

そんなカイランについてまだまだ知ってほしい!

Sponsored Links



美味しく食べれる旬な時期はいつ頃?

そもそもカイランとは台湾や中国で栽培して食べられていました。

日本では栽培している地域としては茨城県を中心に栽培されているようですが、生産量が少なく、やっぱりなかなかそう簡単には家庭の食卓には上がらないそうです。

収穫時期について

(家庭栽培で種から育てる方法を参考)

夏の暑さにも負けないカイランは、
収穫時期はまさに夏季から秋口までが旬!

涼地方(東日本側)
5月種まき→7月~8月収穫
8月種まき→10月収穫
暖地(西日本側)
4月中旬種まき→6月中旬~7月中旬収穫
8月下旬種まき→10月下旬収穫

種まきから約60~70日ほどで収穫できるようになります!

ついでに栽培方法も!!

1. 土にくぼみをつけて種3~4粒を10~15㎝間隔でまく            ↓
2. 本葉が3~4枚くらいに成長してきたら定植をします。(ポットや小鉢に1株ずつ移し替えること)
        ↓
3. 乾燥に弱いので小まめに水をあげる     ↓
4. 種まきから60~70日頃花や茎が成長して花の蕾が10円玉くらいの大きさまで大きくなり、花が咲くまでがポイント!! 害虫対策も万全に!
        ↓
5. 根元から20㎝くらいのとこから切って収穫します!
※花が咲きすぎてしまうと、全体的に硬  くなってしまうので要注意です!

カイランの種まきのやり方を動画でチェックできます!

スーパーで出会えないのであれば、自ら栽培するほうがすぐ食べられるし楽しそうですね!

Sponsored Links



気になる値段は高いのか?

さてさて、気になる値段ですね~。
前述でもお話したように、とにかく国内では栽培している農家さんが少ないため、なかなか出回らないのが現状のようです。
なので、高級野菜と言われているのです。

※この結果、生野菜としての購入価格の相場は現在不明のため、家庭栽培用の種としての販売価格の相場を見てみます!

栽培用の種を購入する場合の価格

(「カイラン菜」「カナー」で検索すると見つけやすいです)

1袋(10mlあたり)=150円~500円位
高いものでも500円が最高価格でした

少し時間と手間はかかりますが、家にいながら高級野菜を食べれるのであればお得な感じですね!この価格を見てほっと安心したのは私でした。

カイラン以外に呼び方があります!

もともと、台湾や中国地方で栽培されていたため別名「チャイニーズケール」「チャイニーズブロッコリー」とも呼ばれています

他にも「カイラン菜」、台湾では「カナー」、漢字で表すと「芥藍」と呼ぶ。

野菜にも色んな歴史があって、名前がそれぞれ付けられて大切に育てられてきたんだなとしみじみ思ってしまう私です。

カイランに似ている野菜は他にもある?

その名も「スティックセニョール
まさにこれこそ、カイランの兄弟のような存在ですね!

なぜならカイランとブロッコリーを親として品種改良して作られた野菜だからです!
花芽部分は、ブロッコリーの食感や味に似ていて、茎の部分はアスパラガスのような食感を楽しめるとのこと。

私はまだ食べたことはありませんが、
カイランは手に入りずらかったものの、こちらのスティックセニョールは、日本各地で栽培され比較的1年中、スーパーなどで買うことができるということで人気が出ているのだとか?

カイランの虜になった私にとっては近所のスーパーを探さない訳にはいかないセニョールですね!!

カイランを使ったオススメするレシピ

カイランをゲットしたらぜひ作ってもらいたいのがこちら

「カイランのオイスターソース和え」
なぜなら私が食べた中華料理店で出されたのがこのメニューだったからです!
シンプルながらに、カイランそのものの香りや味、食感を楽しめる1品ですよ!

・材料
カイラン  200~300g
ニンニクみじん切りしたもの  1片
オリーブオイル   小さじ1
オイスターソース  大さじ1/2
塩         少々
お湯        1㍑

・作り方 
1. カイランはよく洗い根元の硬い部分はピーラーで皮を剥き、半分に切る
2. フライパンにオリーブオイルを入れ ニンニクをこんがり炒め冷ます
3. お湯が沸いたら塩を入れカイランを さっと茹でます
4. ボールなどに入れて、水気をしっかり絞り、オイスターソースを入れ混ぜる
5. お皿に盛りつけたら最後にニンニクをまぶして完成!!

うーん、このレシピ書いてるだけでヨダレが出ちゃいそうでした。食べたいよ~!

Sponsored Links



カイランの魅力について

最後になりましたが、虜になる私のこの気持ち少しでも伝わっているでしょうか??

ぜひ食べてみたい方は、まずは中華料理店や、台湾料理店へ足を運んでみてください!

お店によってはホームページなどに、「冷やし中華始めました!」ならぬ「カイラン入荷しました!」のお知らせが出たりすることも…。ぜひ食べてみてくださいね~!