一人暮らしの部屋どんな色がいい?色別でインテリアを変えるアイデア

一人暮らしをする時にどんな色を使って部屋のインテリアを作りますか?全体的にあるいはワンポイントで好みの色をうまく使うアイデアや方法として何があるでしょうか?

好きな色で部屋を飾りたい

メインとなる色としては好きな色を基調として飾りたいと思うことでしょう。
とはいえうまく配色できないと納得できないと感じるかもしれません。

また同じ色でも濃さや明るさなどの違いで雰囲気はずいぶん変わってくると思います。

色をきめて家具を買うとしても、インテリア雑貨を購入するにしても、自分の中である程度イメージしておきたいと思いませんか?その点で役立つ情報をまとめました。

Sponsored Links



▼目次~一人暮らし部屋の色

  1. レッド・赤を使う
  2. ブルー・青を使う
  3. オレンジの雰囲気
  4. 黄色・イエローを使う
  5. グリーン・緑でさわやかな印象
  6. 茶系の落ち着いた雰囲気
  7. ホワイト・白を使ってさわやかに

レッド・赤を使う

すべてを真っ赤にするほどのこだわりとはいかないまでもうまくポイントに赤を使いたい人は多いのではと思います。

例えば赤のソファーはいかがでしょうか。もちろん赤と言っても鮮やかな赤もあれば色合いを抑えた赤もあるでしょう。

赤のワンポイントをうまく使う

ベッドカバーにワンポイントで赤色を使用。部屋全体を明るくしますね。

部屋の全体的な印象としては落ち着いた色を選ぶもののソファーやベッドカバーにレッド色うまく活用するとおしゃれ感がでますね

落ち着いた赤は部屋の雰囲気をグッと高級感のある落ち着いたものに仕上げてくれますね。

こちらの赤はいかがですか? 全体を赤一色にしなくても、ワンポイントで赤を用いていくことは部屋の雰囲気づくりに貢献しますね

赤いというより淡いピンクではありますが 色の濃さを考えてアレンジするだけでも明るさが違いますね。色の濃さを抑えて全体的に淡い色にすることで柔らかさとあたたかさを作り出すことができると思います。

赤と一口に言ってもワインレッドのような赤もありますし、オレンジに近い赤もありますね。
赤の中でも違いがありますからそれらをうまく活用して部屋づくりを楽しんでいきましょう

基本ベースはシンプルな部屋の状態をキープし、一部分に好きな色を使ってみるというパターンですね。
ベットに赤が使われていますが、際立ちますよね。

▲目次にもどる

ブルー・青を使う

青(ブルー)を使う時、冬の時期は寒い印象を与えるかもしれません。

青の色の濃さによっても違うので、部屋の壁やフロアの色とどのように調和するかも考えながら使いたいですね
季節によってソファーカバーの色を変えることも実際的な方法だと思います。

ベッドカバーのアクセントとして青(ブルー)をうまく活用するパターンやクッションをブルーにしてみるだけでも清涼感が際立つように感じますね。

これなら冬場でも寒さ感はないようにも思います。
下は2人部屋のベッドルームですが、一人部屋でもこの配色をうまくいかしてインテリアを楽しんでみてください。

▲目次にもどる

Sponsored Links



オレンジの雰囲気

落ち着いた印象のオレンジ色を使うなら夏場でも暑すぎる印象は与えないかもしれません。

暖かさはあるものの程よいのではと思います。
部屋の雰囲気を変えたい時にこうした色合いも試してみたいですね

黄色・イエローを使う

黄色も色の濃さによって違う印象になると思いますが、部屋の雰囲気をアレンジする点で使ってみたいと思うかもしれません。

季節によって部屋が違った表情を見せるかもしれません
部屋全体に黄色を用いて飾るとならあたたかい感じを与えますね。

いろいろな色をほどよく

カラフルな色をうまく部屋にちりばめるならおしゃれでさわやかな雰囲気を作り出すことができますね。

部屋の雰囲気が明るくて元気をもらえるかもしれません

ちょっとした小物の色合いも明るい色やいろいろなカラフルなカラーのものを並べることで明るい部屋づくりができますね。
アイデアをいろいろと出してみて部屋全体の印象を明るい雰囲気にアレンジしてみたいですね

▲目次にもどる

グリーン・緑でさわやかな印象

緑をベースにした部屋にしている方もいますね。
さわやかな雰囲気を作りますし、いろいろな季節にもあいますから一年通してそのままでもOKといった感じがしますね。
部屋全体をグリーンに染めるというパターンもいいですし、ワンポイントで緑をうまく使うと違った感じがするかもしれません。


茶系の落ち着いた雰囲気

茶色にもいろいろな濃さがあると思います

ベージュ色ともうまくあわせながら部屋の色合いを演出するのはいかがでしょうか

ちなみにベージュ色とは、「染色していない自然のままの麻や羊毛などの織物の色」を指してそのような名で知られていますね。薄茶色とも言われていることからも色の濃い茶色とは合わせやすいかもしれません。


ソファーの色としての茶色はとても落ち着いていて安定感のある印象を与えるように感じますね


部屋全体として茶色をうまく配色していくとおしゃれではあっても落ち着いた雰囲気をつくることができますね。失敗が少ない配色になるのではと思います。


全体を茶系でおちついた雰囲気をつくり、そのうえで自分の好きな色を適度に用いるのも実際的な方法だと思いますね

▲目次にもどる

Sponsored Links



ホワイト・白を使ってさわやかに

ホワイト・白を使ってさわやかに
白を使うことで清潔感を演出するのはどうでしょうか?
この状態にするためには、壁も床も白というような部屋を借りる必要がありますね。

一人暮らしだから散らかる

どうしても一人しか使わないからということで、散らかってしまうこともありがちなことですね。

でも自分好みの色で部屋のインテリアを整えるなら、気分も晴れやかですね。

このページのいろいろなパターンを活用してさっそく模様替えしてみてはいかがですか




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする