トライアウトや戦力外通告・自由契約の意味?それにかかわる人生

ドラフト会議という新たにプロの世界へと足を踏み入れる人たちのドラマがある一方で、トライアウト戦力外通告自由契約そして引退という大きな岐路に立たされる選手や家族のドラマもあります。またウェイバーにかけられるとは?これらの言葉にはどんな意味がありどれほど重みがあるのでしょうか?




トライアウトの深い意味

tryoutとはどんな意味がこめられているのでしょうか。
それは十分に試してみるという意味がこめられています。
また適性を判断するための実技試験とも言われています

トライアウトは長い期間にわたってスカウトの人が観察してくれるというよりは、トライアウトとして取り分けられたその日の試験においてどれだけのアピールができるか?にかかっているわけです。

つまり一発勝負的なところがあります。

Sponsored Links



緊張とプレッシャーという重圧

「試験」といっても関係者がどのポイントを見てくれるのか?
わからない状況で挑戦しますから、緊張とプレッシャーとの闘いでもあります。

そんな状況で挑戦しているからこそ応援したいとの気持ちをもって見ている人が多いのです。

それら選手には家族がいます。
ですから本人のみならずその家族も緊張感に包まれていますね。
関係する人たちの人生さえも大きく左右する一日になるのです。

ドラフト会議とはまた違う意味で意義深い時ですね。

トライアウトという言葉とともによく聞く言葉として自由契約や戦力外通告という言葉がありますね。
その点について取り上げたいと思います。

自由契約と戦力外通告とは

自由契約の意味ですが、これは球団によって自由契約選手として公示されて他のチームが必要とするなら自由に契約できることになることを意味しています。

自由契約と戦力外通告の違いは

自由契約戦力外通告は意味としては同じことです。
チームの戦力として不要になった選手に対して ウェイバー(※下に説明)にかけられます。

7日間という期間に手を上げる球団が現れなければ自由契約選手になるわけです

次の契約を更新しないことによって契約満了となり、同時に自動的に自由契約選手になります

「戦力外通告」というのは契約を更新しないことを本人に伝えることをさしていますね。
当然それは自由契約選手という立場になります。

Sponsored Links



ウェイバーの意味は?

野球選手は2月から11月までの期間は身分を保証されているといえます。

その期間において球団は自由に選手を解雇することはできません。
放出する場合は公示をして他の球団が必要とするかどうか確認が必要なんです。

ウェイバーという言葉そのものには「債権者による自発的権利放棄」という意味もありますから、そのことを考えるとウェイバー公示という意味合いもイメージしやすいかもしれません

ちなみにフリーエージェントこれはどういう意味ですか?

フリーエージェントの意味

フリーエージェントというのはその権利を行使した場合いわば「自分自ら自由契約」という意味になります。

フリーエージェントを行使した選手がよく口にする言葉がありますね
「自分がどう評価されているか?聞いてみたい、試してみたい」

戦力外通告後の人生は?

通常の転職とは大いに異なるつらい時期を経ているようですね
一般の方にとっても転職は大きな問題の一つだと思います。

中には、会社が変わるものの今までの職種と同じような職種の会社へ変わるという選択をされる方もいますね。
野球選手の場合、同じような職種ということはほぼないので「0からのスタート」をする必要がある「転職」になるのです

どんな別の道へ?

簡単にあげただけでもさまざまな職へ進路変更されていますね

コーチ 会社員
解説者 スポーツ用品店
タレント 親会社に就職
実業家 政治家
すし職人 介護士
パテシエ ゴルファー
スポーツキャスター 教師
公務員 警官
Sponsored Links



言葉に込められた人生の深さ

ドラフトによって人生の一歩を踏み出す人もいればトライアウトによって変更を余儀なくされる人もいます
やはりプロの世界というのは厳しいということを改めて知らされる瞬間でもあります。

自由契約や戦力外通告またトライアウトという言葉は関係する人にとっては非常に重みのある言葉ですね。
劇的な進路変更を迫られ人生の荒波を乗り越えていく姿から改めて学ばされることも多いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする