「二男」と「次男」の違いは?どちらが正式ですか?

二男次男の違いはあるのでしょうか?使い分けられているようでそうではないようにも感じますがいかがですか?また複数の子どもがいる場合、長男・二男・長女・二女といった呼び方にはルールがありますか。地方の方言や国によってどんな興味深い呼び方があるでしょうか




「二男」と「次男」どちらを使えばいいの?

結論から言うと一般的には「二男」も「次男」もどちらでもいいとなっています。

「次男」も使われていることを見かけますし、戸籍においては「二男」が使われているのです。

法律上では「二男」なのか?

「戸籍法施行規則」の付録には戸籍の記載の仕方が取り上げられています。この点は興味深いですね。

記載例には「長男・長女・二男・二女」と記されているのです。

ちなみに「二男・二女」の読み方はというと「じなん・じじょ」てす。

Sponsored Links



辞書における「二男」と「次男」

ある辞典では法律上は「二男」と書くことを指摘しています

しかし別の辞書には「じなん」の部分をひらくと「次男」「二男」の両方を載せていますね。

ですから上述したようにどちらも使えるという結論が引き出されるわけですね

用語が統一されようとしたこともありました

用語が統一されることになる

当用漢字が制定されたとき様々な用語が統一されました。

「じなん」に関してこれは「二男」が用いられることになったのです。

その流れで戸籍などにおいては「二男」が使われるようになりましたが

「次男」を廃止したわけではないので「次男」が使えなくなったわけではないです。

歴史のどこかの時点で明確に一本化していれば両方が存在することもなかったのかもしれませんが、このあたりが興味深い点ですね。

「二男」と「次男」についてはいいとしても「長男」はどうなのでしょうか?

「長男」は「一男」になるのか?

この点は「長男」が当たり前のように使われているという事実からもあきらかですね。

ここが不思議と言えば不思議なところですね。

長男・二男・長女・二女といった呼び方のルール

子どもが6人いたとします。

1男
2男
3女
4女
5男
6男

という順番に生まれてきました(あくまでも仮定として)

1男(長男)
2男(二男)
3女(三女)
4女(四女)
5男(五男)
6男(六男)

となるでしょうか?
答えは「いいえ」ですね。
一説によると江戸時代においては男女別ではなく、その順番をとおしで数えることをしていましたね。

1男(長男)
2男(二男)
3女(長女)
4女(二女)
5男(三男)
6男(四男)

男女別のナンバリングをするのが一つのルールです

男女別のナンバリングか?すべて含めたナンバリングか?
どっちが分かりやすいのか?
これについては意見が分かれるかもしれませんね。

Sponsored Links



兄弟の兄弟同士の呼び方は

長弟の意味は?「弟の中で年長の者」や「自分のすぐ下の弟」を指しますね
長兄の意味は?「一番上の兄」 
次兄の意味は?「つぎの兄」「上から2番目の兄」

長男から見ると、長弟(二男)次弟(三男)となるわけですね。
五男から見ると、長兄(長男)次兄(二男)となるわけですね。

長男・二男・三男・四男・五男の方言は?

金沢の方言では
あんか・あんま(長男)
おじじ・おじま(二男)
こっぱ・こっぱおじ(三男)
わんたたき(四男)
さらねぶり(五男)

富山の方言では
あんま(長男)
おっじゃ(二男、三男)

埼玉の方言では
せなご (長男)

中国における長男・次男・三男がとても興味深いので最後に取り上げますね

伯仲叔季という四字熟語

伯仲叔季 ← 四字熟語になっているところが興味深いですね
bó zhòng shū jì(ピンイン)

兄弟の順序を表す四字熟語なのです。

“伯”は長男(長女)
“仲”は二男(二女)
“叔”は三男(三女)
“季”は末 

ここがおもしろい

「伯・仲・叔・季」の文字ですが兄弟間の順序を表したものですから、その文字が名前に使われている場合、順番と関係している場合がよくあるわけですね。

日本でも長男が一郎で、二男が二郎そして三郎と名付けたのと同じような感覚なのでしょうか。

Sponsored Links



呼び方のルール

国によっても地方によってもある程度のルールがあって出来上がった「呼び方」がありますね。

「これが正式だ」と思っているものが実は「どっちでもいい」といったルールもあります。
いろいろと掘り下げると興味深く面白いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする