ごじゃっぺの意味や使われる場面は?似た意味をもつ方言が面白い!

ごじゃっぺ!この言葉を茨城で聞いたことがありますか?その意味からよく似たどんな言葉がほかの地域でも使われているでしょうか?意味が近くてもまったく違う響きのどんな言葉がありますか




ごじゃっぺの意味と立ち位置

でたらめ・いい加減・どじ・間抜けといった意味で用いられていますね。

意味からすると否定的なマイナス表現として頻繁に使われている言葉ですが、茨城弁のなかでもよく知られているベーシック的存在なんです。

茨城県を中心にして北関東でよく聞かれる方言ですね

全国から見ると茨城県またいわきあたりのマイナーな言葉なのですが、実は興味深いことばが他にもありました。

ごじゃっぺが輸出されたの?

ごじゃっぺに似た言葉がほかの地域にもあったのです。しかもけっこう離れている場所に、ことばが輸出されたような仕方で遠くへ行った感じですね!?

Sponsored Links



ごじゃ→徳島の方言

ごじゃ」の意味は何ですか?それは「でたらめ」とか「間違い」なんです。

「・・・・ごじゃばっかしじゃ」つまりでたらめばっかりだということになりますね

意味が近いようにも感じますね。

徳島ですか?
近い県や地域だと言葉が伝わっていったんだろうという想像ができますが、徳島と茨城では距離がありますよね。

ごじゃっぺの語調

言葉は言い方によって多少ニュアンスが違ってきたりしますよね。

他の地域の言葉を使って考えてみましょう

大阪の方言で「しょーむない」があります。

意味としては「くだらない」「おもしろくない」
ごじゃっぺと同じようなマイナスの否定的意味が込められていますね。

しょーむないよ~
「しょーむないよ~」という言い方ですとほんの少し親しみをこめつつ「おもしろくない」ということを訴えている様子ですね。

しょーむなっ!
「しょーむなっ!」と語尾をのばさないで強く言い切ると、やや非難しているようなニュアンスが表われるかもしれません。

方言もどういう使われ方をするか、どんな場面で使われるかで意味合いが違ったりしますね。

また会話の中で使う場合、その話している相手との関係性がどのようなものなのか?によっても伝わるニュアンスが違ってくるものです。

そこが興味深いところですね。

さて同じような意味でも言葉が全くといいほど違うものがたくさんあります紹介したいと思いますね

Sponsored Links



ごじゃっぺの意味に近い他の方言

「ごじゃっぺ」はでたらめ・いい加減・どじ・間抜けといった意味で用いられていますが、その意味に近い言葉を拾ってみました。もちろん使う場面は違うものも含まれていますがこのような言葉です。

えなげな[鳥取の方言]

「いい加減」という意味で他にも「でたらめだ」といった意味合いもあります。

えなげな」と「いい加減な」を聞き比べると近いような響きも感じますがいかがですか?

「ごじゃっぺ」と「えなげな」を言っているところを連続で聞いても同じような意味とはとても想像できないですね。

こちらの言葉はいかがですか?同じような意味合いがあることが感じられますか?

あてがいな・いくれてんげ・じゅんさいな

あてがいな [石川の方言]
こちらも「いい加減な」という意味があります。 こうなってくると文脈でどんな会話の中ででてくるのかによって意味を判断しないとわからないですね。

いくれてんげ [山形の方言]
いい加減を意味する方言として「いくれてんげ」「・・・いっつもいくれてんげなこどばりいってる」つまりはいいかげなことばかり言っているというわけです。

じゅんさいな [大阪の方言]
いい加減なの意味で言うと大阪には「しょーむない」とは異なる「じゅんさいな」という言葉があります。
じゅんさいなことばっか、ゆってんな~」いい加減なことばかり言っているな

もう少し意味が似ているというだけで範囲を広げていくとこんなにも興味深い言葉を見つけることができました。

ごじゃっぺの意味に近い!?

厳密に言うと使い方が違う言葉もあると思いますが、いろいろな地方には同じような意味であっても、こんなにも言葉に違いがあるのかと感じてもらうために取り上げました。

あっつこっつ [宮城の方言]
意味としては「あちらこちら」なのですが、物事をいい加減に行なっていることを表現する時にも使うようですね。
あっつこっつしてわがんね」(いい加減にしてはいけない)なのですがニュアンスは他県の人でもわかるかもしれませんね

いっからかん[群馬桐生] いっからんぺー[群馬東毛]
どちらもいい加減の意味があるんですよ。
いい加減だなと響きが近いようにも感じますが、「ごじゃっぺ」(いい加減)とはずいぶんと違った言葉のように感じますね
 

よもだ・えーころはちべー

よもだ[愛媛の方言]
よもだは意味としては「いい加減な/無責任な」で(あいとはよもだじゃ)あいつはいい加減だ―と使われているようですね

えーころはちべー [山口の方言]
いい加減の意味として使われている山口の方言ですね。 (えーころはちべーに・・・)つまりはいい加減に・・・

Sponsored Links



ごじゃっぺの意味からすると

否定的でマイナス要素がこめられた表現として使われていますから、下手に使うと相手への非難になるかもしれません。

いい加減という意味なわけですが、こんな面白い話があります。

外国人の方とこの方言について話してみましたが、そもそも「いい加減」の加減がわからないと返事が返ってきました。

「いい」んだから「良い」んでしょ!というのです。

ごじゃっぺも使い方によっては良い加減なのかもしれませんね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする