高尾梅郷の梅2017の開花時期や見どころや駐車場は?

東京都八王子の高尾山は身近なトレッキングスポットとして有名ですが、その裾野には、「高尾梅郷」と呼ばれる合計およそ1万本の梅林が点在しており、かぐわしい梅の香りと春の風を感じながらお花見が楽しめる場所でもあるんですよね。そんな高尾梅郷での美しい梅花見を楽しむために役立つ2017年開花時期や「高尾梅郷梅まつり」の情報とあわせて、アクセス方法と駐車場についてもご紹介していきます。




高尾梅郷の見頃

高尾梅郷梅まつり「高尾梅郷」全体の梅林が見頃最盛期を迎えるのは、2月下旬から3月中旬頃といわれていますので、お出かけの際はこの時期に合わせてスケジュールを組んでくださいね。

高尾山の裾に広がる「高尾梅郷」は「遊歩道梅林」「関所梅林」「天神梅林」「荒井梅林」「湯の花梅林」「小梅林」「木下沢梅林(こげさわばいりん)」と、大きく分けて7ヶ所の梅林を総称した呼び名となっており、各梅林で少しずつ開花時期が異なっているため、開花時期から散り初めまでは約1ヶ月ほどの期間、楽しめます。

JRや京王線の「高尾山口駅」に近い「遊歩道梅林」や、旧甲州街道沿いに並ぶ「関所梅林」は、ほかの梅林より標高が少し低い場所にあるので開花時期が早く2月中旬頃から色づき始め、一番奥に位置する「小仏梅林」や「木下沢梅林(こげさわばいりん)」は3月初旬から中旬にかけて満開になるので、少し時期をずらして訪れても良さそうですね。

Sponsored Links



2017年高尾梅郷梅おすすめ情報

高尾梅郷」の梅が満開を迎え、散る直前の最高に美しい姿が見られる3月半ばの土日には、二日間にわたって「高尾梅郷梅まつり」が開催され、風流な催しものとともに幻想的な春の景色を眺めることが出来るんです!

「高尾梅郷梅まつり」の2017年開催時期は2017年3月11日(土)~12日(日)になる予定なので、梅のお花見とともにお祭り気分を味わいに行ってみましょう。

木下沢梅林
「高尾梅郷」の5ヶ所ある梅林の中でも特にオススメのスポットは、梅の開花時期だけ一般客が立ち入ることのできる「木下沢梅林」です。ここだけで約1,400本の紅白梅が植えられているので、色鮮やかな風景を満喫できますよ。

また、JR高尾駅または京王線高尾山口駅から続く「遊歩道梅林」は、散策しながらゆったりと眺めることができ、駅からも近いので体力に自信がない方でも十分満足できるのではないでしょうか。

遊歩道梅林から関所梅林、天神梅林、湯の花梅林、木下沢梅林、小仏梅林と全てを周ると東西約4.5kmあります。体力に自信がある方はトレッキング道を歩きながら楽しむのも、小春日和の素敵な過ごし方になるでしょう。

高尾梅郷の梅林すべてを周遊する!
京王線高尾山口駅から遊歩道梅林を15分散策し、関所梅林を観覧して20分ほど歩く天神梅林に着いたあと、さらに湯の花梅林まで20分ほど、湯の花梅林から35分ほどで木下沢梅林に到着するルートを取るのがオススメです。

木下沢梅林から小仏梅林まで徒歩15分ほどの距離で、小仏梅林からはバスで高尾山口駅まで戻ることができるので、ちょっと疲れた帰り道はバスを利用するのも効率的ですよ。

Sponsored Links



高尾梅郷へのアクセス

公共交通機関が便利!?
高尾梅郷へ東京都内などから向かう場合、高尾山周辺には駐車場がなくJR高尾駅に少しだけコインパーキングがあるくらいなので、出来る限り公共交通機関でのおでかけをおススメします。

公共交通機関は非常に便利で、「JR中央本線」高尾駅、または「京王電鉄高尾線」の「高尾山口駅」で下車するとすぐに遊歩道梅林が広がっているので迷うこともまったくなく安心ですね。

バス
また、高尾梅郷周辺はバスが通っているので、周辺を散策するときにもところどころで利用してみるとあまり疲労せずに遊べますし、そのバスはすべてJR高尾駅から出ている「小仏」行きに乗車すると良いので、経路も簡単なんですよ。

バスを利用して梅林を周遊する場合、木下沢梅林までは「日影」または「大下」で下車、湯の花梅林は「蛇滝口」で下車、関所梅林へは「駒木野」下車すると便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。

周辺情報やグルメ情報!

高尾梅郷を周遊していると、途中の旧甲州街道には「小仏関所跡」という国の史跡が見られます。八王子八十八景のひとつでもあり、また関所跡の周辺にも梅が咲いているので立ち寄ってみていきましょう。

高尾山は世界で一番多くの登山客が訪れるスポットとして、海外でも有名な場所なので観光地としての楽しみ方も色々あります。特にJR高尾駅周辺には名物のお蕎麦を食べられるお店が多数出ているので、グルメも一緒に楽しむと一層華やいだ気分になれそうです。

グルメといえば、高尾梅郷梅まつりの開催中は遊歩道梅林や関所梅林付近に屋台が出て、おでんや焼きそばなどお祭り名物のほか、梅の加工品をお土産として購入可能なので観梅の途中に休憩がてら覗いていくのも心躍りそうですよ♪

Sponsored Links



歩いてめぐる高尾梅郷の梅

高尾梅郷梅まつりの2017年開催時期や、梅郷の見頃、おすすめのスポットのほかアクセス情報などをご紹介しました。

この期間のみ入ることが出来る木下沢梅林を含め、高尾梅郷にはたくさんの散策路があるので、休日でも混雑せず大自然を感じながら梅の香りとともにマイナスイオンをたっぷり取り込み、のんびりと思い思いの過ごし方が出来るのではないでしょうか。
?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする