折りたたみ自転車の中でより軽量なものを選ぶ時のポイント

折りたたみ自転車を選ぶときの重要なポイントを挙げるとするとそれは何ですか?「軽さ」ははずせないポイントですね。それで折りたたみ自転車の中でも軽いものを中心に集めましたが、軽さで選ぶことに加えて他のどんな特徴をあわせ持っているか?この点にも注目して候補になりそうな自転車をチョイスしました。




軽い折りたたみ自転車

折りたたみ自転車を軽さ順に並べてみました。

軽い!このポイントを重視している人は少なくないですね。

自分好みの自転車をさがす第一歩として軽い自転車を挙げるならばどの自転車が気になりますか?

もちろん付属品の装着等で違いがあると思いますが、ベースになっている重さはそれぞれどのような状況でしょうか?

■6.79kg A-bike City
■6.9kg TRAINCLEトレンクル 
■7.6kg YS-11ツアラー
■8.9kg CARRY ME
■8.9kg Tyrell FX

軽さ中心で勝負するなら6.79kg

A-bike City
■タイヤサイズ8インチ
■重量約6.79kg
■折りたたみサイズ (約)縦69.5cm横41cm奥行き21.5cm
■価格58,000円~
軽さの点ではこの自転車が今のところ魅力のある折りたたみ自転車の上位におかれることになると思います。

8インチというタイヤの大きさはどうか?この点はしっかり考えてから購入を決めたいところですね。
ではある程度タイヤのサイズにもこだわりたいなら、お勧めの自転車はありますか?

TRAINCLEトレンクルは14インチでそれほど変わらない重量を実現しています。もちろん価格の違いの大きさは無視できない点になりますが、この軽さでしかもこのタイヤサイズは魅力がありますね。

Sponsored Links



装備も充実して6.9kg

TRAINCLEトレンクル[B-PEHT423] パナソニック
■タイヤサイズ14インチ
■重量6.9kg
■折りたたみサイズ 高さ:550mm 長さ:583mm 幅(奥行):350mm
■価格275,000円~

特徴は何でしょうか。コインロッカー(中型)に入るコンパクト設計になっていますから、小旅行を計画する際にコインロッカーを拠点にした移動ができる手軽さが魅力的です。

ウォーキングとサイクリングを両方楽しめる予定を組むことができます。値段についてはどう考えられますか?この点は30万弱という設定で簡単に決められない価格設定になっていますね。

タイヤサイズとして14インチくらいは欲しいところだということであれば、下の記事内で取り上げている「YS-11ツアラー Limited」はかなり魅力的な自転車になりそうですね。

制作している会社がとても興味深いのです。
技術力のある会社によって作り出されたという点を考えると決してパナソニックに劣るわけではありません。軽さ・機能・性能をまとめての総合評価の高い自転車だと思います。

Sponsored Links



この装備で7kg台

YS-11ツアラー リミテッドパッケージ
■タイヤサイズ14インチ
■YS-11ツアラー Limited重量7.6kg 
■折りたたみサイズ 長さ640×高さ580×奥行370mm
■価格62,370円~

フレームが超軽量そして高強度&剛性フレーム仕様となっています
錆びにくさ傷つきにくさが特徴となっている硬質アルマイト処理ですから扱いやすさの点でも秀いでていますね。

オプション備品のハンドキャリーを装着したモデルは優れもので「ハンドキャリー」を取り付けると折り畳んで
バッグ(専用)に収納してまるでスーツケースのように引いていけるのです。

YS-11ツアラーは(有)バイク技術研究所の自転車なのですが、とにかく価格が魅力の一つです。

YS-11には電動アシストの自転車もありますね

この会社の歴史がとても興味深いのです。国産旅客機YS-11製造会社(日本航空機製造)に2年、トヨタ自動車に32年の開発経験を生かし、まさに満を持して2005年に有限会社バイク技術研究所を設立したのです。
そんな職人の香りがする会社の作った渾身の折り畳み自転車は注目に値しますね。
http://www.ys-bike.com/ys_bike_series.html

重量8.9kgの魅力

CARRY ME
■タイヤサイズ8インチ
■重量8.9kg
■折りたたみサイズW370×H960×D260mm
■価格95,040円~

30秒もあれば簡単に折りたためる手軽さは人気の理由に挙げられます。ソリッドタイヤ(ノーパンクタイヤ)モデルは通常のエアータイヤモデルより硬い感じですがそれほど違和感はないと思います。

タイヤの大きさを確保しつつ9kg以下

Tyrell FX
■タイヤサイズ:20インチ
■重量:8.9kg
■折りたたみサイズ:W870×H798×D350
■価格176,000円~
http://www.tyrellbike.com/products/fx/feature.html

タイヤサイズとして20インチは欲しいならばこの自転車は魅力的な内容です。候補として有力だと思います。20インチのタイヤなのに重量が8.9kgに抑えられているというところは作り手の工夫が結果として表れていますね。

この自転車を生み出すまでにかけた時間を考えると単なる軽さだけで優劣をつけられない努力と技術の総合力を感じさせられます。

極端に軽さだけを追求したのではなく、直進の安定性を生み出すロングホイールベースのフレームにもこだわりが見られるところは高い評価に値すると思います。

総合的な判断

軽さをメインに折りたたみ自転車をまとめていますが、

単純に軽さだけでの判断では高い買い物は出来ないと感じると思います。軽いことは不可欠でもプラスアルファの部分にもこだわりたいですね。

■高剛性
■軽量化
■走行性能
■デザイン

これら4つを兼ね備えている総合評価から考えるとTyrell FXはとても魅力的な自転車だと感じます。

Sponsored Links



軽さを中心にした選び方

あえて折りたたみ自転車を考えて選ぶわけですからこの「軽さ」は外せないポイントですね。

かといって「軽ければいい」この発想も極端なのかもしれません

タイヤのサイズもある程度は欲しいし、軽さにこだわるあまりすぐ壊れてしまうのであればそれは困ります。

結局、軽さを兼ね備えていて欲しいものの、プラスアルファとしていろいろな特徴を求めたくなるものです。

大体このくらいの重量ならば許容範囲といった自分なりの想定をしたうえである程度の範囲におさまる自転車を候補としてさがしてみてください。

候補となる自転車が数台見つかったならば、そのリストの中から自分の使い方・ライフスタイルにマッチする自転車を値段と見比べながら検討するといいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする