毛抜きを使った脱毛の方法!痛くないものを選ぶコツとは

脱毛の方法として毛抜きを利用する人もいます。毛抜きの価格はというとコンビニにも置いていて数百円程度のものもあれば、1万円以上の高価な高級毛抜きもあるのです。品質重視の高級毛抜きが売れるのにはわけがあります。職人の手作り毛抜きは痛くないとの評判があるのです。ひげの毛抜きや脱毛において痛くない毛抜きはどうすればいいですか




毛抜きでの脱毛

ムダ毛の脱毛で毛抜きを使う人もいますね。

しかし場所によっては抜くときに痛くて困るとの声が多く聞かれます。

毛抜きの違いで痛みも違うのであれば毛抜き選びから考えないといけないですね。

毛抜き選びの際に考えたい事とは?
痛みを和らげるとは?

高級毛抜きと安い毛抜きとの比較

数百円と1万を超える物とでは違うはずだろうと感じますね。

こだわりと技術の集約がそのひとつの毛抜きに表現されていると思います

どこがどう違うのでしょうか?

使ってみて感じる違い

高級毛抜きと安い毛抜きを並べてみても見た目の印象としては高価な物も安い物も違いは見分けにくいですね。

しかし実際に使用してみるとその使用感には開きがあります。

先端部分のかみ合わせに違いが現われることが多いですね。

細い毛やまだうぶ毛などはこのかみ合わせの違いでつかみとれないこともあるのです。

実はこの使用した感じの違いは痛みにも関係してきます

Sponsored Links



痛みを和らげる

高価で高級な毛抜きほど先端部分の作りがしっかりしていますね。

これは大事なことなのですか? つかみが弱いと一度で抜けない、また切れるなどの事態になりますね。

高級な毛抜きは引っ張るだけで痛みも少なく抜くことができるので使いやすいのです

何度も引っ張らないといけないならばそれなりに皮膚へダメージを与えますが、この点がクリアできているなら痛みを軽減してムダ毛を処理することができます

耐久性の違い

比較的安くてもステンレス製の毛抜きがあります。さびの問題はクリアしていますね。

安いものはそれなり

安いとどうしても劣化はやむを得ないですよね。

使っているうちにかみ合わせが合わなくなってくるなど使い物にならなくなる場合があります。

高価な高級毛抜きはその点で違いがありますね。長く使っていてもわるくなることなく使用することができます。

毛抜きの方法として大切なポイントはどの毛抜きを選ぶかにかかっています

とはいえいくつかの種類があって迷いますよね。

Sponsored Links



毛抜きの種類

毛抜きの種類としては、ピンセット型のものやハサミ型のものがあります。

ピンセット型
全体のシルエットとしてV字型/U字型になっていて、中央あたりで力を加えると先端を開閉し掴むことができます。

ハサミ型
持ち手部分がハサミのようになっている形です。ハサミと同じような仕方で使用します。
携帯して持ち運びしやすいものもありますね。とはいえ毛抜きですからもともと大きなものではないですから普通サイズのものでも十分携帯できますね。

毛抜きの先端の種類

先端が平らな
先端部分が平らで長方形の形です
幅がある分毛はつかみやすい、また先端も平らなので、毛がすべりにくいところが特徴です。

先端が丸い
先端部分に細工があって丸く加工している方のものがあります。
角があるとどうしても皮膚・肌を傷つける可能性があります。使用者の使い方次第ではありますがこの点の心配をされているようでしたら

先端が斜め
先端がななめにカットされているタイプです。
先端が斜めか平らかこれは使っている人の好みも関係してきます。

先端幅が細い
先端部分が平らで長方形の毛抜きに比べ、ピンポイントで毛を抜きやすいですね
掴む場所が狭いだけに失敗しやすい要素もあります。

自分が使うのに適した毛抜きを見つけたなら、今度はいよいよ実際に使用していくことになります

肌を傷つける結果になるならせっかくの努力が水の泡ですね

注意すべき問題点としてどんなことが考えられるでしょうか

毛抜きで注意したい問題点

毛穴への影響
毛穴を無理に開いたり毛を抜く際に引っ張ったりすることになるので、その場所が荒れることになったり、
雑菌などが入りやすく肌を傷つけてしまいますね

細菌感染症の可能性
毛包炎と呼ばれる細菌感染症になることも注意しなければなりませんね

毛が埋没してしまう
要するに皮膚の中から毛が出れなくなるのです。
大抵は時間とともに改善されるのですが毛包炎等のトラブルになる可能性もあるので少し注意したいですね。

粗悪な毛抜きで無理に毛を抜こうとすると肌トラブルに発展してしまうかもしれません。

痛くない毛抜きの方法とは?

毛抜きを準備します。
抜きやすいものを使用します

肌の準備をします。
蒸しタオルを使うなど毛穴を開かせておくことで毛抜きしやすくすることが可能です。
風呂上りなども抜きやすくさせると言われていますね

毛抜きをします。

毛抜き後のケアも大切
毛抜き後は炎症を起こしやすので注意が必要です
化粧水などで保湿する努力。
肌を清潔に保つ努力

Sponsored Links



こだわって毛抜きを選ぶ

まずは高級な毛抜きと安価な毛抜きとを比較検討してみましょう。

その際どのような使い方をしたいのかも考えたうえで「形」を選ぶことができますね。

肌が関係しているのでこの点は適当にしたくないところですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする