免許証の写真写りをよくする方法は?持込写真で更新する方法?

免許証の写真写りが納得できずなんとかしたいと思ったことがあるでしょうか?でも免許更新の時は、流れ作業のように写真を撮られるので後悔しても手遅れということもありますね。免許の写真をうまく撮ってもらうためにできる秘策がありますか?また自分で撮った写真を持ち込むことはできますか?




免許証の写真写り

免許証の写真写りがずっと気になる場合があります。身分証明書を出していただけますかと言われるたびに写真を見てしまうからです。

証明書として提示を求められた時に満足出来ない写真を3年ないし5年もの間見てがっかりするという人もいますね。

自分として納得できない写真から解放されると思って免許更新に行くと、年をとった分また残念な写真撮影になることがあります。

3年も経つと免許更新の手順というのを忘れてしまいます。5年ならなおのことですね。

免許センターや警察署での手続きに気を取られているうちに、いざ撮影の順番がやってきて写真対策ができていないうちに「パシャ」と撮られてしまいまた後悔ということもあります。

準備不足の写真撮影

 
免許センターに行くとたいてい案内係りの指示や掲示されている指示に従って手続きを進めていきます。

次にどこの窓口に行けばいいのか?慣れないため、またよくわからないうちに物事が進んでいきます。

そしてやがて免許証用の写真撮影が始まります。

係員の指示に従って、あっという間に撮影終了。受け取った免許証用の写真を見て対策をしておけばよかったと後悔することもあるでしょう

撮り直したい
自分でどこかの証明写真機で証明写真を撮るときはどうでしょうか?

何度かやり直しをすることができるようになっていますね。免許証用の写真撮りの時はそういうわけにはいきません。

もう一回お願いしますと心の中で言うしかないのです。

Sponsored Links



写真写りのポイント

直前に髪の毛の乱れがないかチェック
姿勢には注意。背筋はまっすぐ、あごをひく意識
口を閉じても笑顔に
口を開けて笑顔を作ろうとすると係の人に「口は閉じるように」言われることがあります。ですから口が閉じていても柔らかい表情になる顔の練習を家でしておくことです。

写真写り対策3つの工夫

1.肌の写りをよくする工夫レフ板効果
2.目を意識的に少し大きく見せる
3.耳たぶ周辺の筋肉をほぐす

1.レフ板効果

白いハンカチを膝にのせるというレフ板効果です。これは家で試しておかないと、当日慌てると思います。

慣れないことを慣れないところですることほど緊張することはありません。

レフ板
これは撮影現場において撮影スタッフさんがレフ板を持っていることがあります。

レフ板というは光を反射させて被写体の移りをよくする道具です。

影になりがちな部分を鮮明にさせる効果がありますが、ただうまく当てないと逆効果かもしれません。影ができるほうが自分好みということもありますね。

ハンカチ一枚を膝の上にただ置くだけで写真に本当に違いがでて、しかも自分好みになるかという検証を事前にしておきたいですね。

家で自分の写真写りとして実験しておきましょう。

2.目を意識的に大きく見せる

少し大きく見せるという「少し」と「大きく」という矛盾しているような提案ですが、力み過ぎるとそれはそれで後悔することになるかもしれません

ほどほどの力加減
半目になるのは避けたいですが、その反対に力みが写り込むことも避けたいところですね。どの程度がほどほどなのかを自分で鏡をみて練習しておくことは良いことです。

撮影前に上まぶたの筋肉を動かすストレッチをしておく。

中指と人差し指をこめかみあたりにあてます。そして皮膚を上へ押し上げる。
まぶたの筋肉を意識して目を開く努力を。でも眉毛の上下運動にならないようにする。眉が勝手に動くようでしたら眉を押さえてトライします。
目を大きく開く運動をしたその次は、普通に戻して力を抜きます。

このパターンで数回やってみると違いが出ます

Sponsored Links



3.耳たぶ周辺の筋肉をほぐす

耳たぶ周辺の運動つまりリンパを流すということですね。

このあたりになってくると美容や健康というもう少し幅広いことにつながる行為ですが、全身の血とリンパを流すことでむくみ対策をします。

最初に耳たぶの付け根を軽くつまみます。弱い力で後ろに数回回します。力を入れすぎない軽く行います。
頬骨のやや下あたりから、えら方向へ軽くなでていきます。数回リンパの流れを意識するかんじですね。
最初に行った耳たぶ回しをもう一度数回まわします。

こちらの動画でポイントを復習しておきましょう

納得の写真を持ち込む

どうしても一回の失敗で後悔したくないなら写真を持ち込むことです。

これは運転免許試験場に確認する必要があります。電話による予約が必要な場合があるからです。

手続きとしてはたいてい運転免許センターへ行く必要があります。

持込みできない場合

持ち込みの持参した写真で運転免許証の更新手続ができない人もいますので要注意です。

70歳以上の方で高齢者講習をまだ受けていない方
免許証を盗難や紛失等によって手元にないため再交付が必要というケース
違反や事故によって免許の停止処分中
免許証上の住所が他都道府県で、しかしその住所地のままで更新をしたい場合

注意事項

写真のサイズは縦3cm×横2.4cmの縁なしで申請前6か月以内に撮影したものと言われています(事前に確認してください)。
不鮮明で変色また傷や汚れなどのあるもの
カラーコンタクトで眼の色が違う
サングラスやマスクを使用している
合成写真または写真を修正しているなど

Sponsored Links



免許の写真にこだわる

免許の写真を他の人に見せることは少ないとはいえ、納得できる写真でないと数年間その写真のついた免許を提示しなければならないのは「ちょっと嫌」といった気持ちもあると思います。

選択肢としては
当日写真写りを準備してのぞむこと
納得している持ち込み写真で免許を更新すること

ここまでこだわらないもののちょっとした準備で違いが出ることもありますから更新が近づいてきたなら検討してみてください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする