防水スプレーと撥水スプレーの違いは? 使い方にも工夫が必要?

雨の多くなる時期や台風がくるという時期など防水したいと感じる場面がありますね。でも防水スプレーや撥水スプレーと聞きますが防水撥水は同じなのですか?使う用途によって違うのでしょうか。使う時に役立つ事はありますか




防水と撥水の違い

簡単な防水と撥水の違いは 短く説明すると

防水は面として通さないことであるのに対して
撥水は点として通さないこととの違いですね。

簡単にまとめると「面」「点」の違いになりますね

このイメージからも分かると思いますがそれぞれの加工の違いに注目するとこうなりますね

Sponsored Links



防水加工

防水加工は「面」として水を通さないようにするわけですから、生地全体を防水樹脂などによって水を通さない加工がされます。

コーティングまたはフィルムを接着するなどによって空気も水もまったく通さないような加工がなされた生地なのです。

しっかりしたガードがされているといったイメージですね

デメリットは面ゆえのもの
面で通さなくすることになるので水だけでなく空気も通さないことによって蒸れてしまう短所がありますね。
ただし特殊なフィルムを用いて空気だけは通すような特殊素材も出てきているようですね

撥水加工

これは端的に言うと「水」は通しませんが、「空気」は通すことができます。

生地表面にフッ素樹脂などを付着して水をはじくような加工になりますが、通気性が確保されている利点がありますね。

デメリットは点だから
通気性がある反面、水までも通してしまうのです。つまり水が染みてしまう可能性
これはおおきな短所でもありますね。

特徴の違いはどこ?

防水加工の面として、撥水加工の点としての違いがあるのですが、別の説明で表現すると

防水は水を通さない
撥水は水をはじく
とも言いかえられます。

こうなってくると
市販されているものの多くは、
撥水の特徴を持つスプレーといった表現になるのかもしれません。

本当に防水するとなると「スプレーをさっとひと吹き」程度の方法でそこまでは出来ないかもしれないからです。

かなり強力なコーティングがなされて初めて防水の域に達するものです。

そのことがあるのである商品は「撥水防水スプレー」と違いをあえて分からなくしている商品もありますね。

撥水スプレーの中にも違いがあるんですよ

Sponsored Links



シリコン系とフッ素系

撥水スプレーはシリコン系とフッ素系があります

シリコン系は繊維に膜をつくるので通気性の点ではデメリットもありますね。

繊維の表面を膜でコーティングし水を通さないようにします。

それでシリコン系は撥水性がフッ素系よりすぐれているとみられています。

フッ素系にもメリットはあります。

フッ素系は繊維の隙間までうめるものではないので、通気性があります。

購入される時はその製品の特性をよく確認してから購入するといいですね。

一度のスプレーでずーと長持ち?

そこまではないとしてもある程度長持ちすると思っているかもしれません。

しかし防水スプレーも撥水スプレーも摩擦に弱い面があるので長く持つというよりは、必要が生じるときにかけ直すことが必要になるのです。

となるとうまく使っていかなければ効果が発揮できないですよね。

効果的な使い方

きれいにしてから
汚れている状態でスプレーすると効果が半減しますね。 まずはきれいな状態にする必要があります。場合によっては洗濯してからスプレーするといいですね。

試験的に使う
つまりテストします。全面に吹きつけるその作業の前の段階として、なにか問題があっても大丈夫な場所に吹き付けてテスト(試験スプレー)をします。

場所を選び
風通しの良い場所ないし換気がきちんとされる場所がいいですね。
実際にスプレーする時は少し(数十センチ)離れた位置から吹きかけます。

Sponsored Links



防水撥水スプレーを使う

防水スプレー・撥水スプレー・防水撥水スプレーなど言葉の違いはメーカーによって違うようにも感じます。
いずれにしても防水スプレーや撥水スプレーを使用する時は使う用途に合わせるといいですね。

汚れは事前に落としておく
数十センチ離した状態で吹き付ける
換気の良い場所でおこなって自分が吸い込まないようにする

ことは気を付けて使っていきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする