自転車に乗る時に雨に濡れない方法?さすべえがいいの?

自転車に乗る時に雨に濡れない。これを語るうえで外国の事情に注目すると、実にさまざまな見方や対処策がありますね。日本も自転車が移動手段として多く活用されているだけに雨にぬれず自転車に乗るには?この点はぜひ知りたい点です。
道路交通法改正に伴って傘を固定するさすべえなどはどうなのか?ということも心配されていますね




雨に濡れない自転車

そもそも雨の時の自転車は必要ですか?この点は国によって見方が違いますね。

というのは国によってはそもそも濡れてもOKということで何も雨対策もせずに自転車に乗る人は乗るという場所もあります。

気候も関係しているので日本とはすでに違いますから見習うことはできないかもしれませんね。

ポンチョやカッパ

カッパやレインコートでもおしゃれなものも多くなっています。

海外のスタイルいい外国人が着こなしている姿を見ると自転車でカッパもありでは?と思いますね。

ポンチョでもかわいらしさを演出している商品がけっこう多くなっています。それにそれなりにファッションを気にする人でも納得できるものも多いのですがなかなか人気が加速することは少ないようです。

Sponsored Links



さすべえの人気理由

紫外線の強い日に日傘を差しながら自転車に乗れればいいのにというニーズにピタリとはまったところから普及が加速した側面もありますね。

雨の日の見た目もそうですが、雨でも紫外線でも対策ができるまさに一石二鳥的な発想がさすべえを不動の人気のポジションへと押し上げました。

さすべえを付けることへの抵抗をなくしたのも分かりやすい理由があったからですね。

かさ傘固定道具の歴史

関西地方特に大阪でさすべえをつけて自転車に乗っている主婦やおばちゃんを見かけることが多いですが、最初から人気があったわけではないですね。

装着している人が二度見されて振り返えられていた期時がありました。

珍しかったのとファッション的に「それはないやろ!」という反応もあったと思います。

関西のおばちゃんたちの損得勘定いえ損得感情!?を動かしたわけですね。

一石二鳥的な発想つまり実用性という面が「恥ずかしさ」を上回ったことで人気が高まったのです

雨も防げる
紫外線も防げる
ひったくり防止になる
さすべえを倒して自転車かごのふたになる

などいろいろな要素が人気を後押ししたようですね。

Sponsored Links



雨に濡れない自転車

veltop というメーカーはファッションと実用を兼ね備えたものを作っています。

さすがフランスですね!ファッションの街です。洒落た雰囲気が漂う自転車ですし、視界も妨げない設計のようですね。

果たして今後の展開としてさすべえに対抗できるのでしょうか?日本で大々的に売られる日もいつかはあるのかもしれません。

風に強い傘

自転車を固定すると風の抵抗については考える必要があります。

風が強くても台風でも耐えられる傘ということがニュースになったこともありましたね。

これはどちらかというと自転車での傘を意識した形ですね。

広い道路でゆったりと自転車に乗る。しかも歩行者とは別の道路という整備がされていれば安全にかつ機能的にということが実現可能なのだと思います。

でも狭くて歩行者がいるのにスピードをだして傘差し自転車に乗っているとめいわくで、危険だという話が持ち上がりますね。

道路交通法改正

過去にも自転車に係わる道路交通法改正があるたびに

自転車に傘を固定することつまり「さすべえ」などを用いた傘固定はどうなのか?が話題になります。

確かに片手で傘差し運転そのものは禁止になりましたが、傘を固定することはどうなのでしょうか?

道路交通法違反になる場合

つまり自転車に傘を固定することによって何かが起きた場合

事故や歩行者を怪我させるとか転倒させてけがを負わせるなどになる安全運転義務違反の可能性もあるわけですね。

これは傘を固定していなくても自転車の乗り方自転車の整備に関係して発生する可能性があるので「傘の固定装置」だけの問題ということにはならないですね。

メーカーの見解は?

2008年の改正の際にも自転車の傘差し運転という点に注目がありました。

メーカーはホームページの中で見解を明確にしていましたね。さすべえは禁止というわけではないという点を知らせていました。もちろん安全な運転に注意をするようには呼びかけていました。

2015年6月道交法改正の注意点

自転車が加害者となる事故
2015年6月の改正は、主に自転車が加害者となる事故を抑止するというところに重点が置かれています。そして今回の道交法改正によって14項目の危険行為が決められることになり、安全運転義務に反する運転について取り上げられているのです。

さすべえや傘固定運転というより自転車が加害者となる事故につながりかねない危険行為を防止しようというところなんです

Sponsored Links



今後のニーズ

雨でも自転車に乗りたい、乗らないといけないという状況であれば工夫しないといけないですね。

そこにはニーズがあるのです。さすべえもそんな人のニーズに応えて生活に入り込んでいった商品の一つですね。

これから雨の中での自転車にどんな展開がまっているのか?注目していきたいですね。

いろいろな商品の開発によって安全と雨に濡れないということ両方が実現されていけばこの分野ももっと活性化されていくかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする