耳垢掃除をやり過ぎないのはどうして?やわらかい取り方とは

耳垢を知らず知らずのうちに癖のように掃除してしまうことがありますね。掻いていると気持ちよくて耳垢掃除をやり過ぎるのです。耳垢がなんとなく気になることもありますね。耳掃除のやり過ぎはどうしてよくないのでしょうか?ちょうど良い程度とは?




耳垢とは何?

古くなった表皮細胞
皮膚を通って出る汗
分泌液また粘液
皮脂

この耳垢(アカ)の垢という響き

これがどうやら掃除を促すもののようですね

不要なものがやがて耳垢になっていくとのイメージから取り除きたいと思うようです

ポイントはこれです分泌液はよくないものなのか?

これを知っておくと耳掃除の必要性も見えてきますね

耳垢に含まれているもの

これは私たちの耳にとって必要な働きがあります

耳垢腺の分泌液は外からの侵入物をとらえる利点
皮膚に程よい潤いを与えてくれる利点
雑菌の繁殖を抑制する利点

一瞬たりとも耳垢が耳に残っていることが良くないとはならないことが分かりますね。

掃除のやり過ぎ

四六時中掃除をすると耳アカが増える原因になることもあります

耳の中は細菌やウィルスが入ってきても感染することは少ないとされています

耳かきのやりすぎで耳の中の皮膚が傷つくなら別です。

傷ついた場所から感染することがあります。

血がにじんでくることや「耳だれ」つまり液体がしみ出てくることもあります

Sponsored Links



耳掃除あるある

耳掃除で奥へと垢を追いやる可能性

耳掃除は無理におこなうと耳アカをさらに奥へと運ぶことになるのです

もちろん耳垢(アカ)を取り除いていますが、綿棒や耳かきで 

耳の手前の方にある耳垢を奥へと運んで、

場合によっては押し込むことで固くしてしまうこともあるのです

綿棒で耳の皮膚にそって「くるっ」と拭くことで目的は果たされます。

この程度の動きなら耳垢を奥へと押し込むことはないですね

かゆい原因はかくから

かゆいからかこうとするのは分かりますが

実は「かくからかゆくなっている

このパターンにはまっているのではないでしょうか

どこかでストップしないとそのサイクルによって上述のような耳の皮膚への影響
をもたらすことになるのです。

耳を触りすぎる自分に気づくことはないですか

「無意識」「クセ」になっていて気付くも何も触ってしまっていることもありますね。

耳鼻科で相談してかゆみを止める薬などでまずはかゆい原因をストップしましょう。

Sponsored Links



耳掃除の方法

耳掃除の頻度は1ヶ月に1度でも十分と言われています。

しかもその掃除の仕方もかきむしるかのようなやり方ではなく

安全な方法で掃除することが勧められています

使う道具は綿棒がいいですね。

耳の穴に向けて綿棒をゆっくりと中へ この時皮膚にふれないよう注意します

いよいよ掃除ですが軽く皮膚に沿わせるように綿棒を「くるっ」と回転させていきます

イメージとしては「柔らかく!」ですね

注意点として

耳あかは骨と軟骨のちょうど境あたりまでのところに

耳の入り口から測ると1から2センチほどです。

それ以上奥へいかないことも注意したいですね

耳垢がふやけている風呂上りがいいかもしれませんね。

Sponsored Links



皮膚を傷つけない

掃除のやり過ぎで皮膚を傷つけないようにしましょう

耳垢は月に一度くらいの掃除で十分という点も意識したい点ですね

軽く皮膚に沿わせるように綿棒を「くるっ」と回転させる方法

耳の入り口から1から2センチほどまでの部分

何か気になることがあるならば耳鼻科で相談しておきましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする