五月病とはどんな症状ですか?原因は何ですか?

4月になると新入学や就職といった新たな一歩を踏み出す時期ですね。しかし程なくして「壁」にぶつかることがあります。つまり緊張の糸が切れたかのように意欲がなくなっていくという経験です。これはほとんどの人が経験していることですね。いわゆる五月病ですがこれはいったどのような症状なのでしょうか?




五月病の症状

4月は新入生や新社会人が入学入社を果たす時期ですね。しかしその最初の時期を少し過ぎた頃に、期待や意欲・やる気のバランスが崩れて一気に力を損なってしまうことがあります。

最近ではこれらに加えて「転職」「リストラ」「異動」などいろいろな年代や背景の人にとっても変化を経験する人が多くなっていますし、その変化に直面して環境に適応できないという問題もおきています。つまりこれが五月病ですね。ではなぜその時期にそのなるのでしょうか?

ゴールデンウィーク明け

4月は多くの人が新しい環境に身を置き、慣れようとする気持ちやあわせようと取り組んでいるのですが、4月末頃から連休に入ることによってそれがいったん「停止」状態に入ります。そして休み明けにスイッチが入らなくなってしまうのです。

意欲・やる気を出してがんばっていたもののつまりギアをチェンジして努力していたものの、それが現実や変化という壁に阻まれて力を失ってしまうと、それを突き動かしてきた「エンジン」が動かなくなってしまうのです。つまり意欲・やる気という「エンジン」が停止してしまうかのようです。

Sponsored Links



どんな症状?

無気力
不安感
不眠
疲労感
食欲不振
人と会うことへの不安や恐れ

「エンジン」が停止してしまうかのように力が奪われる気持ちに違いはありますが誰もが感じたり経験したりすることではないでしょうか

新入生や新入社員以外も

新しい環境に変わることに伴うストレスは仕事をしている人だけの問題ではありません。主婦の立場の人でも引っ越しや学校関連のことや近所の人との関係などいろいろな関係に変化が生じたときに、そこに負荷がかかるということはありますね。

転勤異動でかかわる人が変化するという人もいます。
現役で長く第一線で働いてきた社会人社員でも転勤や配置換えによって変化という圧力を経験することがあります。管理職だからこんな問題とは無縁というわけにはいかないのです。リストラや会社そのものが倒産するなどして大きな変化を余儀なくされた人も今の時代珍しいことではありません。

Sponsored Links



これは日本独特?

外国の人に聞くと5月にそろって元気をなくすというのは日本独特という感じがするようです。5月にというのは特に日本は4月がスタートの時期だからということとも関係していると思います。9月スタートの国ですと5月に多くの人が無気力などの症状を訴えることはないでしょうね。

ただ休みやバカンス明けに元気をなくすというパターンはいろいろな国で生じています。外国の例についてはもう少し下のほうで例を取り上げたいと思います。

タイミングが「休み明け」
典型的な五月病の場合、ゴールデンウィーク明けに意欲を失うというパターンが一般的ということですが、時期はどうあれ「休み」をとった後という時期にスイッチが切れてしまうというサイクルになっているように感じますね。ここが実は興味深いところではないでしょうか?本来は逆なはずですよね、どういうことでしょうか?

レクリエーションの意味

レクリエーション[recreation]という言葉はきっとご存知でしょう。これは仕事や勉強などによって生じる精神的かつ肉体的な疲れをいやし元気を回復するためのひと時や活動を意味しています。そしてレクレーションの語源はラテン語のre-creareという語で「再び創る」「再び造る」という意味です。ですから「休む・休息をとる」というのは元気を取り戻し力を蓄えるためのものなのです。

「休み明け」に力を失ってしまっているということは、歯車が狂ってしまっているということですね。

緊張の糸が切れる

では緊張は不要なのですか?というそうではないですね。緊張するから頑張って力を発揮できるという観察もあります。仕事でも勉強でも「緊張感」は必要です。むしろ緩むことつまり怠けることによって何もできなくなってしまいます。

緊張の反対の弛緩
弛緩が一気に途切れてしまうほどになるなら「力」を失ってしまうことになります。緊張の糸が切れるという言葉は「しばらくの間張り詰めていた気分が緩む様子を表わした表現です。 緊張と弛緩がバランスよく生じている間はメリハリがあって良いサイクルなのですが、緊張しすぎているところから、一気に壊れるほどに緩むと五月病状態になるということですね。

Sponsored Links



外国に五月病はあるの?

5月に決まって意欲を失うということはあまり聞かないですが、よく似た表現はあるようですね。

ブルーマンデー症候群
Monday Syndromeつまりブルーマンデー症候群は外国で起きる症状を表現しています
休日後の仕事などや月曜日がとくにナーバスになるという心理状態を指しています。

1月病
イギリスにはJanuary blueというものがあります
12月から1月にかけて休暇を過ごした後に仕事や学校が始まった時に憂うつになる状態です。

五月病以外の良く似た症状?

サザエさん症候群
日曜日の夕方にフジテレビ系列で放送される『サザエさん』を見た後、エンディングの部分で急に現実に引き戻された気持ちにおそわれる感情のことで、次の日から学校や仕事が始まるという現実が重荷になってやる気が失われるという感情に陥ることですね。

「○○ロス症候群」
ぽっかりと穴が開いてしまったかのような感情におそわれると「五月病」にも似た状態になるようですね。でもこうなってくると「5月」という時期だけの問題ではなくなってしまいますね。いろいろな出来事が引き金となって喪失感を味わうことがあります。

五月病に対処する

五月病やそれに近い気持ちはだれしも経験する可能性があるものですね。まずは症状がどのようなものなのかを知るということ、つまり自分を知ることからはじめて、その後対処していくためにできることを考えていくことは必要なことかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする