靴が大きい時のサイズ調整の方法は?左右の足の大きさが違う時は?

気に入った靴を履きたいと思うものですね。ようやく見つけたと思った靴のサイズが大きくて履けなかった経験は誰でもあると思います。左右の足の大きさが若干違って困っている場合はあえて大きいサイズを購入するかもしれませんね。では大きいサイズの靴の調節をする方法があるのでしょうか。




靴のサイズが合わない

ちょっとサイズ違いなんて気にしなければいいでしょ!と言う人もいます。

靴サイズが大きいぐらい大した問題ではないのでは?

大なり小なり影響を想定しておく必要があります。

左右の足のサイズが違うために靴のサイズがあっていないならこれもまた問題が生じます。

サイズが違うことでの影響のいくつかを取り上げてみますね。

靴のサイズ違いの結果

けがや体の一部分への負担が大きくなります

靴が大きいと重心の位置が変わりますね。指先に力を入れることになり指への負担が大きくなります

本来力を入れるべきでないところに力がかかるのでけがの原因にもなりますね。

Sponsored Links



見た目が良くない

靴が大きいと本人も違和感がありますから、いつもの歩き方からするとぎこちなくなりますね。

歩き方を損なうと姿勢にも影響しますね

他の人から見ても姿勢がわるく映るばかりか、それが自分の癖のようになると全体的なシルエットも悪くなります。

サイズをあわせることは大事なんです。

もちろん単に靴のサイズが大きいことに気付いたものの返品すればすむ場合もあります。

できない状況ならばどうですか。

でもこの点で悩んでいる人がいますね足サイズの大小の違いというより左右の違いです。

左右の足の大きさが微妙に違う

履いているとどちらかの足の靴だけが脱げて困る人が多いんですよね。

通販で手軽に購入できる反面この「靴の大きさ」問題は切実なんです。

両足のサイズが同じなら、返品してサイズダウンないしはサイズアップすれば話は早いかもしれません。

しかし困るのがこの左右の微妙なサイズ違いなんです。

Sponsored Links



微妙な違いだけに

靴屋さんで実際に履いてもぴったりした靴やパンプスはないんです。

どちらかの足が合わないわけですから

でも気に入ったデザインや色だとすると履きたいですよね。

靴のサイズが大きい場合にできること
左右の靴の違いを調整するには
これらをうまく調節をする方法はあるでしょうか。

靴下で調整

靴下で調整してみてはどうですか?

小学生の時これを実行したことがありました。

でもそれは時期によりますよね。夏の時期に靴が大きいから厚手の靴下を履くのは無理がありますね。

わざわざ足を蒸れさせてしまうようなものです。

となると別の方法を考える必要性があります

つま先のすき間をうめる

これも単純と言えばそれまでの対処策ですが実際的な方法です。あとはどんな素材のものを選ぶかですね。

使えるものとしては布などを使って手製で作ることもできますが。

今は便利なものが市販されているんです。靴のサイズ調整用として「フィットソール」が売り出されていますね。

規格されているサイズは1ミリ単位で異なる靴サイズが販売されているわけではありません。ですからこんな人がいます

あえて大きめのヒールを購入してフィットソールで微調整する方も結構おられるのです。

まして左右の足の大きさが少し違うならこの微調整が大きな助けになるのです。

Sponsored Links



中敷きを検討

中敷きによっていわば「足の厚みを増す」ことができます。

中敷きのイメージとして「足の裏全体に敷物をする」印象があるかもしれません。

今はつま先用・土踏まず・かかと・足全体用といった様々なタイプがあります。それをうまく組み合わせることで
ピッタリな靴に仕上げましょう。

足サイズに合った靴

最近はオーダーの靴もありますが、オーダーの中敷きがあるほどなんです。

それには理由がありますね。姿勢への影響やけがの予防のためだったりするのです。

足元のファッションも大事ですね。でも同時に自分の足サイズに合った靴を履きたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする