関越自動車道の渋滞を回避するための計画は?

連休時に関越道の渋滞の距離が長すぎて圧倒されることがあるかもしれません。特に年末年始や夏休み時期さらにゴールデンウイークや最近ではシルバーウイークと大型連休が関係してくる時にどのように渋滞を回避することができるのか事前にしっかりと対策を練っておきたいですね。




関越道の渋滞ポイント

渋滞が発生してからとか高速道路にのって出るに出れなくなってから対策を立てても逃げ道がないときがあるかもしれません。

せっかくの連休で帰省や旅行が楽しいはずなのですが

疲れるだけのドライブになってしまうといい思い出どころか二度と行きたくないなどと感じてしまうのはとても残念です。

高坂SA付近

渋滞しやすい場所の代表格ですね
この点では高坂SA付近は可能性が高いですね

上りの渋滞ポイントとしては高坂SA付近の渋滞がよく発生しています

Sponsored Links



サグが渋滞原因

関越道上り線の高坂SAから東京側が渋滞するのには理由があります。

サグと呼ばれる状況がその原因なんです。

つまり渋滞しやすい状況が存在していることで連休時に車が増えると自然と渋滞が発生するのは予測できることかも知れません。

サグ部についてご存知のとおり下り坂から上り坂にさしかかる部分で、

そういう場所はどうしてもドライバーは減速してしまっています。

これは無意識の速度低下とも言われていてこれを「やめる」のは難しい問題です。

付加車線の設置によって対策がとられていはいても完全なる原因解決ではないというわけですね。

大泉JCTから花園IC

花園IC付近は小さな谷になっていてこちらもサグ部が原因の渋滞発生ポイントなんですね。

ですから連休時には50キロもの渋滞が発生したこともあります。

年末年始やGWまたシルバーウイークといった連休に渋滞することは覚悟しておく必要があるのです。

Sponsored Links



関越道の渋滞回避

渋滞は予期できますから最初から渋滞するであろう時間帯は避けるのが効果があります。

一般道を使って裏道抜け道を使う方法や迂回する道もあります。

しかしそれらの道は距離は長く、時間も当然長くかかってしまいますね。

ですから思い切って時間帯を車が少ない時間帯に渋滞ピークポイントを通り過ぎることができるような計画にすることです。

ただそれでもピークの「日」に走るならそれでも渋滞は予測しておく必要がありますから、ガソリンの残量を確認し、渋滞しても良いような準備はしておきたいですね。

高崎に行く?関越道

地図を見るとはっきりしますが、このルートを考えているなら関越道を通るという選択肢は当然といえば当然ですね。

大泉JCTから花園IC

上記に説明したとおりサグ部が原因の渋滞発生ポイントとなると渋滞は普通のことになっているかもしれません。

対策はしてくださっているのですが、それ以上に車の通行量が多いと仕方がないのです。ですから最初から回避できるルートをよていしておいてそちらを選択することかもしれません。

東北・北関東自動車へ迂回

これは現実的な問題点も考えなければならない選択肢ですね。というのは東北自動車道にも渋滞ポイントというのは存在します。もし迂回したもののそこも渋滞してたというのではせっかくの迂回による抜け道が「抜け出せない道」を通っただけに終わってしまいます。

東北道の渋滞ポイントと抜け道渋滞回避については「東北自動車道渋滞予測から考えて渋滞を回避する方法を検証」ページで取り上げています参考にしてみてください。

関越道を避け一般道を通るという道もその選択肢のひとつ

渋滞しないルートを探したい

渋滞しないルートを選べればベストですが、特に連休のときはどこに行くにしても車は多く感じますね。

疲れも重なるとどうしても楽しくなくなってしまうものです。

そこで渋滞してもいいような備えを準備しておきたいと思います。

Sponsored Links



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする