運転免許証更新時にカラーコンタクトレンズはつけてもOK?

カラコンがこれだけ若者世代に愛用されていると運転免許証更新時カラコンは大丈夫なのと感じるのは自然なことかもしれませんね。まして度なしのタイプのカラーコンタクトレンズなら「眼鏡等」に影響しないから大丈夫じゃないの? コンタクトレンズはそもそも申告しないとだめなのでしょうか?




運転免許証更新とカラコン

運転免許証更新時にカラーコンタクトレンズをつけたいのには理由があります。

免許証の写真にどう写るかが心配だからですね。

やはり3年ないしは5年という期間ずっと運転免許証更新の時のその瞬間に撮影された写真が使われるわけですから、「ここ一番」ベストの状態で写真に写りたいからです。

運転免許証更新時に化粧をしてはいけないという規定はないでしょう。そうだったらカラコンはいいはずでは?

Sponsored Links



カラコンとは?

カラコンは今や定番おしゃれアイテムになっているのですが、世代によっては知らない人もいるので簡単に説明したいと思います。

これはカラーコンタクトレンズの略称です。通常は透明のレンズで視力を補う役割を果たすわけですね。もちろんカラコンでも度ありと度なしがあります。

コンタクトレンズに慣れている人はいいけど慣れていない人、違和感がある人もいますね。それなのにどうして、わざわざ度なしのものを入れたいの?

カラコンの使用理由

カラコンを使いたい理由は黒目を大きく見せるという点を挙げる人がおおいですね。

ついで「ブルー」にしたり特徴のある「ブラウン」にしてみたりおしゃれを楽しむためにという理由もあるでしょう。

最近では、有名人もカラコンを愛用しているということが取り上げられることがあってますます定番になっています。視力が悪くない人もファッションの一部として度なしのものを使うようになっていますね。

だれがとうみてもカラコンをつけているとわかるほどの極端なものもあれば、ナチュラルな程よいものもあって手放せないという声も聞こえてきます。

そこで質問として出てくるのが運転免許証更新時にカラコンはつけていても問題はないのか?なんです。

Sponsored Links



視力検査時のコンタクト

そもそも視力検査の時に「コンタクト」をしてかつ申告しないで受けられるのでしょうか?

必ずコンタクトの有無は聞かれますが、つけていながらいいえという不正はできません。

コンタクトしているかを直接見ても分かりづらいですよね。それで検査官にはわからないはずという人がいます。

視力検査機という機械で見れば判別できるのだそうです。

試験をされる方は画面をチェックしていれば簡単に見破れます。

考えてみると逆にこの検査で時間をかけないとコンタクトの有無を判断できないで時間をとられているようでは大勢の免許更新者をさばくことはできないですね。

まして自己申告だけが頼りで「眼鏡等」になるかならないかを決めているとしたら、そんなざるのような検査であればクレーム対象になると思いませんか?

視力検査機にはコンタクト装着していれば試験官にわかるようになっているのです。

どうしてもカラコンは使いたいならどうですか?持ち込み写真にすることで事前に納得できる写真を準備することです。

持ち込み写真

持ち込みは自由な写真でというわけではないですね。条件があってその範囲内である必要があるんです。くわしくは事前の確認が必要ですが、写真のサイズや背景の色などの指定があります。

ではカラコンでばっちりメイクして持ち込み写真をしようと思ったでしょうか?

そこはちょっと待ってください。持ち込み写真として受け入れられないものがあります。それが下に挙げたものです。

持ち込み写真の不適切な例として
カラーコンタクトで眼の色が違っている場合
サングラスやマスクの着用
合成写真や写真を修正しているもの

などがNGなのです。カラーコンタクトはやはりNGということですね。

Sponsored Links



カラーコンタクトと更新

カラーコンタクトをつけて免許更新はできないということですね。

もちろんカラーではない通常のコンタクトの場合もきちんと申告する必要があります。

免許証の写真がどうしても気に入るものにしたいならば別のところで撮影したものを持ち込むことを検討することをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする