引っ越しなどですのこベッドを買う時に考えたいカビ対策

すのこベッドは「カビにくい」という印象を持っている人もいますね。でもカビが絶対に生えないわけではありません。すのこベッドを購入するとしても意識しておくべ重要なポイントがあります。引っ越しを機会にすのこベッドを買おうとする前にそのポイントを整理しておきたいと思います




すのこベッドの利点

一般的なベッドとは違い通気性があり湿気の逃げ場があるためにカビが発生しにくいと言われています。また素材についても湿気を調整してくれる天然木すのこが用いられているものが売られていて「カビにくい」ということですね。

ですからすのこはその構造からして明らかですが、空気の通り道ができることによってカビの発生は防げるということではないでしょうか。

布団とすのこの接点になっている部分は普通に考えると布団やマットの湿気の逃げ場はふさがれてしまうことになりますね。

一般のベッドよりは利点があるとはいえ、放置してずっと使用しているならカビを発生させてしまう環境を作ることになるかもしれません。

Sponsored Links



カビが発生しやすい

20~30℃と言われていますね。30℃以上になると発生は衰えてきて36℃以上では発生は止まるとも言われています。

またカビの胞子は非常に小さく3~6ミクロンととても目では確認できないですね。

また人は寝ている間に汗をかきます。湿度を好むカビに絶好の条件を提供することになっているわけです。

簡単に取り上げるとこうなります

湿度が80%以上がかびやすくなります
温度の適温というものがあります
カビは汚れやホコリが好きですね

すのこベッドのカビ対策

カビが好む条件を消すことから始めることが大切です。
大切なのはこの点です。つまり布団を干すことは基本的で重要ポイントです。

布団を干してその湿気をなくすことで布団がカビないようにすることにつながりますが、すのこがカビ発生しないようにするためにも、布団をすのこから取って、すのこの風通しを確保する必要があるということです。

晴れた日にはベランダに干し、そうできない日には部屋干しすることです。

カビが生えると「カビがさらにカビを発生させる」事になりがちです。ですから、いかに、かびさせない対策を取るかを心がけることが大切です。

Sponsored Links



かびてしまったら

カビが生えてしまうことはありますし、もう発生しているという場合もあるでしょう。

一般的には漂白剤を使って除去することが提案されていることもあります。ひどい時はやすりなどで削るということも取り上げられますね。

そもそも「かびにくい」ということが言われているすのこベッドがかびたということであれば、根本的な対策で日頃からカビが発生しないような努力が必要ですね。

捨てるという選択

捨てるという場合すのこベッドは粗大ごみ扱いなのか?

各市町村によって違いがあるようですね。お住いのごみに関する基準を調べる必要があります。

普通ごみと粗大ごみを分ける基準値よりも小さければ「普通ごみ」で、大きければ「粗大ゴミ」という扱いになるかもしれませんが、わざわざベッドを分解して一般ごみのサイズにするというのも大変ではないか?という声もよく聞こえてきますね。

粗大ごみを安く処分

リサイクルショップで買い取ってもらうという実際的な選択。

これについては状態が良い物でないと逆に処分代金を要求されることもあります。ましてカビが付着しているのであれば 買い取っていただくというのはハードルが高いですね。

譲りますという形で必要な人に差しあげる。これも気持ちとして状態がいいものでないと無料とはいえ譲り渡すのには抵抗があります。「中古あげます譲ります」のネットサイト「ジモティー」を利用する方法があります

Sponsored Links



粗大ごみを処分方法

粗大ごみを処分する方法業者にもっていってもらうVS持ち込む。この点についてとある市の基準にそって計算してみました

30センチ角を超える大型ごみが対象という基準設定になっています。粗大ごみの手数料は大きさや種類によって異なりますがあくまでも目安としてですが、一般的なベッドについては1,500円という設定になっていました。

 (一般的なベッドとは素材が違うものの 申込の際いくらかかるのかを確認することが必要です)

自分で処理施設に持ち込む

処理施設で計量を行うのですが10kgあたり200円の処分手数料を現金にてお支払いいただきますとなっていますね。

例えば自家用車でその施設に行き、その車両をはかります。捨てたのちに再び計量して差の重さから処分手数料を計算することになります。廃棄処分する場合、自分で持ち込むと比較的安く処分することもできるということですね。

カビ取りも廃棄処分も

カビ取り作業も廃棄処分作業も結局、手間がかかるのです。

かびにくいという認識から日頃の防止策

布団を干す
風通しを良くする

といったことをしないでカビを放置しているなら、後々手間をかけなければならなくなるということは忘れてはならない点ですね。

すのこベッド

すのこベッドはカビないわけではなく「かびにくい」だけで使い方しだいではカビが発生することは十分あります。

そしてかびてしまうとカビを除去する対策をしないとかびやすくなることもありますので定期的なメンテナンスを心がけたいと思いますね。

すのこベッドだから放置していても大丈夫だからという考えより、日頃どんな使いかたをするか?ということも含めて考えておきたいと思いますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする