ミニマリストの服はどのように選ぶのか?持ち物の数の目安は?

ミニマリスト生活をするうえで服はどのように選べばいいのでしょうか?その数はどのように決めていきますか。方向性を決めてとりかかると気持ち的にもすっきりと取り掛かることができると思います。




ミニマリスト服選びの基本

おしゃれ度を高めるためには、ワードローブの数を減らすことが重要です。

もしこれからの人生で10着しか服を購入してはいけないとなった場合には、誰もが本当に良い服だけを購入しようとするでしょう。

本当に良いものだけを購入する、これこそがおしゃれ度を高める秘訣です。

じっくり考えた服選び

良いものや本当に気に入ったものに絞っておくと使わないあるいは着ない服がなくなりますね。

現在クローゼットの中に多くのワードローブがある場合には、まずミニマリストを目指すことをおすすめします。

微妙なデザインのワードローブがある、全く着ていないものがあると、おしゃれ度を低める原因となります。

自分が好きでないものを着ることは少ないですね。そうなると着ていないものでしかも好きでないと感じている物であればこの先着ることはないでしょう

ワードローブとは

本来の意味としては衣装ダンスや衣裳部屋を指し示しています。 しかし衣装ダンスとの意味から発展して人が持っている衣装や衣装の組み合わせを指すようになっています。

このページではどちらかというと衣装や衣装の組み合わせとの意味でこの言葉を使っています

Sponsored Links



質にこだわる

おしゃれになるためには、数ではなく質を高めるよう心がけることが重要です。

おしゃれな女性の代名詞であるフランスの女性は、ハンガー10本ほどにかけられる数しかワードローブを持っていません。

この話を聞いた人は「これは意外ですね」と反応する人がほとんどでした。おしゃれでファッション好きなフランスとのイメージが定着しているからでしょうね。

質の良いものを適度に持つといった考え方ですから、おしゃれの本質を追求している表れなのではないでしょうか

クローゼットがあふれるほどの服や小物の数は、おしゃれには全く必要ないのです。

良く提案されることですが1年以上着ていないものから捨てていき、クローゼットの中をスッキリとさせましょう。

リストを作成

シーズン前に買い物リストを作成することもおすすめします。全体のコーディネートを決め、必要なものだけを購入することが重要です。

コーディネートを考える際には、靴やバッグ、アクセサリーも一緒に考えていきます。

ミニマリストを目指すと、地味になるのではと不安に感じる方も多いはずです。

しかし、おしゃれ度が高いミニマリストは、上手に小物を使いアクセントを付けています。

ミニマリストの小物の数
もちろんあくまでも目安ですがこんな数になりました

靴は5足、バッグは5個、ネックレスとピアスは3タイプを揃えるだけで、1年間おしゃれに着回すことが可能です。

一覧の例

バッグ( )
クツ( )
靴下( )
ベルト( )
巻物( )
帽子( )

服もリストアップ

服の数もリストアップしておいてまずは一年間通してそれでやってみるのはどうですか

トップス( )
ボトムス( )
ワンピース( )
アウター( )
ボトム( )
インナー( )

Sponsored Links



服最低枚数
一年通してある一定の服の数で生活しているとそれでやっていけるのか?不足を感じるか?が見えてきます。
ただ一気にすべての不要物を捨てるのには勇気がいりますね。
一つの提案としていきなりすべてを捨てる(処分する)前に段階的に事を進めていきます

段階的にミニマリスト生活

[1]服と小物のリストを作成
[2]最低限に服や小物を減らします。減らしたものは一旦どこかに保管します
[3]一年それでやっていけるか生活してみます (ミニマリスト生活)
[4]どうしても困ったと思えるものをリストに追加
[5]保管場所から取り出してきて、それ以外を処分します

ミニマムで自分らしく

おしゃれとは、流行やトレンドを追い求めることではありません。

自分に似合うスタイルを追い求めることこそおしゃれの本質です。

何でも着こなせるようになるのではなく、自分に似合うことを大切にすることで、誰にも真似できないおしゃれな人になります。

まずは自分のスタイルを自分で分かるために、ワードローブの数を絞ることが重要です。

今日からすぐに行動し、ミニマムで自分らしい本当のおしゃれをしてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする