ドラフトの意味とは何ですか?野球関連以外にも使われている?

ドラフトというといろいろなところで使われているので聞きなれた言葉の一つになってきましたね。ドラフト会議やドラフトビールなどが有名です。この言葉にはいくつかの意味がありますが、意味を知ると言葉のイメージがわいてきますね。




ドラフトの意味

選抜する
設計図
下書き
通気やすきま風
たる抜き

といった複数の意味のあることばです。

元はラテン語の「引く」という意味の言葉から始まってとされています。

そこから線を引くといった意味になっていきました。これらの点をふまえてもう少し説明を加えていきたいと思います。

選抜

ドラフト会議で選抜するという意味は定番化していますね

ドラフト会議というのは聞きなれた有名な言葉ですがOOドラフトという表現で野球以外の場面でも使われるようになっています。

つまりは人を選ぶことを意味しているのです。

設計図

英単語の意味としてはこの使い方がよく知られているのですが日本においてはプロ野球人気があってどちらかというと

豪華ホテルの会場
円卓テーブル
球団関係者
結果を待つ緊張した選手たち

というイメージですが実は設計図面というのが言葉のルーツをひも解いていくと導き出されるわけですね

日本でも設計図面のことをドラフトという表現で一般的に使っています。

実際「ドラフター」という製図用に特化された製図台があります。

Sponsored Links



下書き

設計図という言葉とも合わせて考えると分かりやすいですね。

ラテン語の「引く」という言葉を考えるとこちらの方がイメージしやすいかもしれません

「ドラフトしてから」という言い方は下書きということになりますね。ドラフト=くじ引き&ガッツポーズというイメージとはずいぶん違うわけですね。

すきま風

通気調節装置という意味として使われることもあります。

空気の流れを指していて「通風・すきま風・賊風」という意味があります。

ちなみに賊風とはあまり好ましい風ではないですね。

ラテン語の「引く」という意味からすると空気を引く・空気の流れという言葉の意味はイメージしやすいかもしれません。

Sponsored Links



ドラフト感

この言葉を聞いたときある人はドラフト会議の雰囲気?という受け止め方をしていました。

すきま風ですからドラフトというのはあまりいい感じではないのでしょう。

冷やされた空気が人体に不快感を与えるような現象も意味していますね。

バックドラフト

燃焼している部屋から外にむかって流れる強い気流つまりドラフトが火災に影響するのです。

バックドラフト
空気不足でいったん火災の勢いが抑えられ、空気が少なくなっていったん火がおさまる状態が生じます。

この状態の時に注意せずに扉を開けると、空気が一気に入りバックドラフト現象が起きるのです。

たる抜き

ドラフトビールという響きをCMなどで聞いたことはないですか?

意味は液体を容器からつぎ出すことです。beer on draughtですね

ドラフトビールの意味は樽抜きビール・樽から引くという意味となります。

樽から引いてくるということを考えると、もとのラテン語の引くという意味からするとイメージしやすいですね。

Sponsored Links



野球のイメージが強いですが

ドラフト会議についてその様子をテレビで見ていると競合する時、くじをひいて交渉権を獲得していますね。

良い選手を引いてくること、選択権をくじで引くことですね。

線引きという意味からすると、今後の人生が線引きされていくというイメージになるでしょうか

ドラフト会議というのは重みのある設計図が作成される会議でもあるんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする