シバンムシの発生源が多すぎて困る!駆除方法として何がありますか?

シバンムシとは茶色の小さな甲虫のことです。体長3mm程度でまるでゴマ粒のような虫ですね。ゴキブリほど大きくもないこともあってどこにでもいる存在なのに有名ではないんですね。でもどこの家庭でも温かい季節になると室内を飛んでいたりしますし大量発生することもあっていやな存在なんです




シバンムシとは?何を食べる?

シバンムシのサイズからしても気づかれにくい存在だということはわかると思います。

シバンムシは穀類菓子類などをたべるのでその保管場所に発生することをよく見かけますね。

それ以外にも小麦粉や香辛料など植物由来の食材に発生します。

シバンムシが発生する場所の例

小麦粉
麺類など乾燥食品
スナック菓子
カレー粉
コショウなど調味料
和室の畳
ペットの餌
古いポプリ
園芸用肥料
枯れた鉢植え
ツバメの巣など鳥の巣

見たくない存在かもしれませんがこんな感じです

ドライフラワーに大量発生

干ししいたけドライフラワーが発生源になったケースをよく聞きます。

さすがにこんな場所に?といった場所で見つかるケースがあって、例えばドライフラワーなどに発生してしまうとせっかくのお気に入りでも廃棄処分しないといけなくなりますね。

ベニア合板に見つかった
食材の保管場所に発生するなら原因も特定しやすいですね。

しかし最近では一見食品とは関係ないもの、例えばベニア合板や緩衝材といったものに発生していることもあったのです。

天然素材なのでシバンムシにとっては絶好の食材になったようですね。

Sponsored Links



シバンムシの駆除方法

一般的でどこにでもいるような害虫ですから駆除はしっかり行いたいですね

タバコシバンムシ、ジンサンシバンムシは食品関係のものがある場所で発生します。

シバンムシ対策の基本は発生原因を取り除くことです。

原因は徹底して撤去することです。

床や棚などにそのクズが残るとそこがまた発生場所となるので丁寧にかつ徹底して掃除することです。

原因追及も徹底する

原因がなかなかわからない場合も有ります。

上述した発生する場所の例などから根気強く探し出すことが駆除の第一歩だと思います。

Sponsored Links



原因究明-シバンムシの調査

シバンムシ調査のためにトラップを活用することも検討できます。

これはシバンムシの雄を捕獲して発生の場所を調査するために使います。

駆除方法の具体的方法
スプレー殺虫剤が一般的です。市販されているものを購入して駆除することになります。

大量発生ならくん煙剤の使用も考えなければならない可能性もあります。これについては業者に相談が必要になりますね。

光に誘引される
シバンムシは光に誘引されますね。ライトトラップ/電撃殺虫器を設置して撃退する方法が効果ありです。

畳の場合はさらなる対策が必要
畳に発生している場合はどうしますか?
畳乾燥機による加熱処理といった方法があります。個人ではこれは出来ないことですね。ですから専門業者や畳屋に相談することができます

駆除の後の作業-予防
長期にわたって保存するような食品は密閉容器等を活用して被害の拡大を事前に予防することでさらなる被害を生まないようにすることは肝要です。

発生原因を考えると

Sponsored Links



発生原因としてどこの家庭にでもあるもの・食べ物が原因になるわけですから

お店や工場だけの問題ではなくごく普通の一般家庭で生じる問題ですね。

大量発生するものの原因が不明の場合は、特に害虫駆除の業者や便利屋へ相談することは賢明なことだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする