さんまの旬はいつですか?この時期だからこそ塩焼きにしますか?

旬の時期のさんまはとにかく脂ののりが良くておいしいことは間違いないですね。良く知られているようにさんまの旬は9から10月です。塩焼きは定番ですがそれ以外にもおいしく秋を満喫したいですね




さんまの旬

さんまの旬はずばり9から10月です。

さんまは回遊魚ですが、どんなルートを通ってくるのでしょうか?

夏にオホーツク海あたりの北の海からずーと南下して、秋の時期に本州に差し掛かります

ですから秋の時期のさんまは脂がのっていて、おいしいこと間違いなしなのです

旬を過ぎると脂の含有量は減ってしまい、味も落ちてしまいますね。

この時期のさんまを食べる食べ方は?いかがですか

Sponsored Links



旬の時期のさんまの定番

塩焼きは定番中の定番の食べ方ですね。

この塩焼きを見ると秋真っ只中をイメージさせるほど秋の味覚の代表的な存在になっていますね。
なぜこれほどおいしいのでしょうか

旬のさんまが美味しいわけ

さんまは餌を食べてから排出するまでの時間が短いことが関係しています。

それが結果として内臓に苦味やえぐみを少なくさせているのです。

それで塩焼きにして食べるとはらわたの部分も食べられるのです。

旬になるとスーパーマーケットのチラシにも大きく取りあげられたりしていますね。

大好きな人が多いことを物語っていると思います。

旬の時期に店頭で並んでいるさんまはたいてい新鮮なものですが

それでも新鮮さを見分ける特徴、その見分け方を知っておくとさらにおいしく食べられますね。

Sponsored Links



さんま新鮮さの見分け方

新鮮なさんまが美味しいわけですから店で買う時もしっかりそれを見極めたいですね

2つのポイントに注目するといいですね

(1)口先が黄色いさんまを選ぶことです。

言い換えると下顎の先端が黄色をしているならOKです。

下顎の先端はさんまの鮮度の印なのです。

鮮度が落ちる
鮮度が落ちると色が抜けることになります

下顎の先端が黄色からしだいに茶色になります。

一般的には水揚げから3日程過ぎると色の変化が見てわかるほど見られますね

(2)厚みと太さを見て選びます

美味しいさんまの特徴として丸々と太っているか?この特徴に注目するといいでしょう

店頭においてさんまを選ぶときには、サイズについてはすでに選別されているのでだいたいが同じサイズのものが並んでいるはずです。

丸々太ったサンマはおいしいので、厚みがあって太っているかはしっかりと見て選びたいところです

ちなみにさんまについている傷は水揚げの際についたものですから、この点はそれほどこだわる必要はありませんね。

旬なさんまを食べたい理由

旬のものはとにかくおいしいのです。

そしていろいろなレシピが出回るほど食べ方を変えることができるのも人気がある理由です

やはり旬であればあるほど豊富な栄養がその理由でしょう

EPA(エイコサペタンエン酸)
DHA(ドコサヘキサエン酸)
ビタミン
鉄分
カルシウム
そしてなんといってもアミノ酸です。

これほど魅力的なさんまですからおいしい食べ方で食したいですね

おいしい食べ方の定番

塩焼きが定番ですね
炭で焼くとこれがまたいい味が出ますね

さんまの蒲焼きもおいしいとちょっとした人気です。
身を3枚におろし片栗粉をまぶします
フライパンで焼き
醤油・酒・砂糖で煮こむ

さんまご飯もおいしい
焼いたさんま
ねぎ・ごま・塩で味を調えます

Sponsored Links



旬のさんま

旬のさんまの味は格別です

栄養も十分でどんな料理でもまずははずれがないですね

あとは値段がどうかですがそればかりはその年の漁獲も関係していますから

手ごろな値段で秋の定番を食せるならうれしいですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする