さんまのカロリーはどのくらい?気になる栄養は?

秋の時になるとさんまを食べる機会も多くなりますし、スーパーでも見かけることが多くなりましたね。カロリーはどのくらいなのでしょうか?カロリーを気にする時やはり栄養価も気になりますね。栄養豊富なのは知っているかもしれませんがどんな栄養があるのですか?




さんまのカロリー

100gあたりのキロカロリーですがこうなっています

さんま刺身 310
さんま開き 261
さんま塩焼き 248

9月~10月の時期はまさに旬ですから

水揚げされる生さんまは脂がのっていておいしいのは間違いありませんね。

カロリーと栄養

旬の時期は生さんまにはEPA(エイコサペンタエン酸)などの栄養が多く

それに伴ってカロリーはやや高めです。

しかし下の記事内にくわしく取りあげていますが栄養的には

十分で健康によいわけですね

栄養について下の方にとり上げていますがもう少しさんまのカロリーについて分析してみましょう

他の代表的な魚・魚料理のカロリーと比較してみると食べる時に参考になるかもしれません

Sponsored Links



さんまと他の魚のカロリー

(100gあたりのキロカロリー)

まぐろ(脂身)  344
いわし(みりん干) 332
さんま刺身 310
さんま開き 261
さんま塩焼き 248
いわし(焼き) 244
たい(生)194
あじ(焼) 164
ツナ缶(水煮) 71

100gあたりの約250キロカロリーから約310キロカロリーあると覚えておきたいですね

穀類と比較すると

おこわ(赤飯)189
ごはん(精白米) 168
あんぱん 280
食パン 264
(100gあたりのキロカロリー)

このように主食と組み合わせた時にどのくらいかはイメージしておきたいかもしれませんね

野菜類のカロリーと比較

えだまめ  134
グリンピース 98
とうもろこし 99
かぼちゃ 60
こぼう 58
(100gあたりのキロカロリー)

ごはんとさんまとみそ汁そして野菜があれば日本の食卓を感じますね

Sponsored Links



お菓子と比較

そもそもお菓子と比較しても・・・!?と感じますが、参考までの比較ということで代表的なものを取り上げています

チョコレート 557
ポテトチップス 554
キャラメル 433
かりんとう 441
ショートケーキ 344

旬の時期は生さんまにはEPA(エイコサペンタエン酸)などの栄養が多いと取り上げましたが

栄養について取り上げていきますね

さんまの栄養

さんまに含まれている
EPA(エイコサペタンエン酸)
DHA(ドコサヘキサエン酸)

これらはどんな利点があるでしょうか

脳細胞を活性化させ、頭の回転を良くする効果や血液の流れを良くする成分ですね。

内蔵脂肪を減らす効果があり、ダイエットにも効果的です

他の栄養

ビタミン・鉄分・カルシウムもありますね。これは端的に言うと「美容効果」です

免疫力や抵抗力をつよめ、肌に良い効果があるのです。

鉄分が含まれていますから貧血予防に良いとされていますね

エネルギー 310kcal
カリウム 200mg
カルシウム 32mg
コレステロール 66
たんぱく質 18.5g
ナトリウム 130mg
マグネシウム 28mg
リン 180mg
灰分 1.0g
脂質 24.6g
食物繊維 0.3g
水分 55.8g
炭水化物 0.1g
1.4mg
不飽和脂肪酸 15.02g
飽和脂肪酸 4.23g

さんまのアミノ酸

さんまにはアミノ酸が豊富なのはご存知かもしれません。

このように一覧にしてみると改めてそのすごさが分かりますね

アミノ酸 mg/100g中
アスパラギン酸 2000
アラニン 1200
アルギニン 1200
イソロイシン 950
グリシン 980
グルタミン酸 2800
シスチン 230
スレオニン 940
セリン 800
チロシン 690
トリプトファン 230
バリン 1100
ヒスチジン 1200
フェニルアラニン 830
プロリン 720
メチオニン 660
リジン 1800
ロイシン 1600

Sponsored Links



さんまとアミノ酸スコア

アミノ酸は約20種類あるのはよく知られていることです

そのうち9種類は人間の体では作ることができないため食品から取る必要があるのです

9種類の必須アミノ酸
必須アミノ酸は1つだけ足りないとしても骨や血液などを作り出すのに必要なたんぱく質ができないのです

アミノ酸スコア
アミノ酸スコアが高いと良い
食品に含まれるアミノ酸の量はこのアミノ酸スコアで表示されますね。高いほど必須アミノ酸がバランスよくあることになります。

さんまのスコアはどうですか?
牛乳、鶏卵、鶏肉などと並んで、さんまはアミノ酸スコアが100なのです

※アミノ酸スコア
人間のからだにとって必要な必須アミノ酸の量また組み合わせを基準として必須アミノ酸のバランスを点数化した。

まとめとして

カロリーについては調理の仕方も関係してきますが

100gあたりの約250キロカロリーから約310キロカロリーですね

栄養豊富でアミノ酸スコアは魅力を感じますね。
旬のさんまが出回るならさっそく食卓に並べてみてはいかがですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする