2017年GWの渋滞予測は? 渋滞回避方法は?

2017年のゴールデンウィークの渋滞はどのような予想でしょうか? 高速道路ごと、また日付別の渋滞予測を表にしました。どうすれば渋滞を回避することができるでしょうか?また渋滞に備えて何が必要でしょうか? 渋滞中車内でできる面白対処法とは? また必須アイテムとは?




2017年のゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークに関してはどのような予定になりますか?

4月29(土)昭和の日 
4月30日(日)
5月1日(月)平日
5月2日(火)平日
5月3日(水)憲法記念日 
5月4日(木)みどりの日 
5月5日(金)こどもの日 
5月6日(土)
5月7日(日)

2017年は4月29日(土)から4月30日(日)の2連休と5月3日(水)から5月7日(日)までの5連休が基本になりますね

その谷間の5月1日(月)2日(火)は平日ですから仕事になっている方もいますね

ここからが違いの出るところですね
5月1日(月)2日(火)が休日として設定されると大型連休の完成です

会社によって違いがあるもののゴールデンウィークの休みは4月29日(土)から5月7日(日)まで休みというところが多いように感じますね。

8連休のところが多いという前提で予定を立てるとするとうまく渋滞を回避した予定で出かけることもできます。

Sponsored Links



休みにあわせた渋滞回避

連休の特徴を考えた予定
4月29日(土)から4月30日(日)の2連休と5月3日(水)から5月7日(日)までの5連休が基本となると

その谷間の5月1日(月)2日(火)に仕事だというところもありますので、このあたりに移動日を設定しておくと渋滞回避になるかもしれませんね

4月29日(土)から4月30日(日)は渋滞が予想されますし、5月6日(土)や5月7日(日)はUターンラッシュも予想されます。

こうした点をふまえた渋滞の回避についての計画をしっかり練りたいと思います。

当然ですが2017年もゴールデンウィークは公共交通機関や高速道路などは超混雑が予想されますからチケットの予約は早めにしておきたいですね

時間帯を考えた渋滞対策

早い所では朝6:00あたりにもすでに渋滞が予想されます。

当然ですが、その時間に高速道路に乗るというのは、疲れるためにでかけるようなものです。

結局その時間を少しはずして朝の4時5時に高速道路に行きたいところですが結局どこかの渋滞にまきこまれる可能性は高いですね

運転手にとってはつらいかもしれませんが、4月29(土)昭和の日の前の日の夜に出発をするという計画を立てて回避しようという人もいます。

もちろんその日が仕事日ならば、疲れがあるのは当然ですから、体調をよく考える必要はあります。

Sponsored Links



Uターンのピークの予想

さてUターンピークはいつでしょうか? 5月6日土曜日の夕方あたりの時間帯でしょうか。

過去のデータなどを考えると大体、連休終わりの前日にUターンのピークを迎えています。もちろん過去は過去です。

日付が同じでも曜日が違いますから、昨年・一昨年と同じ動きになるわけはないのですが、

大体の傾向としてUターンのピークは連休終わりの前日に渋滞が多いですね。

休みが5月6日までで休みの最終日は家で体調を戻す日にするとして前日の夕方がピークになるのです。

飛行機や新幹線のピーク

いかにピーク時間・日付を避けるかこれがGW渋滞回避の基本になります。

飛行機についてはゴールデンウィーク期間は、国際線また国内線ともにチケットが割高ですね。

そして国際線だけでも成田空港からの人の動きは非常に多く3万人とも4万人ともいわれる人が海外へ出発していきます。

羽田空港からも2万人近い人が海外へいくのです。

混雑に巻き込まれることは想定済みの計画が必要ですね。前もって計画をしっかり立てておくかで回避できることもあると思います

電車混雑のピーク

新幹線の自由席乗車率は150%を超えることはざらですからゴールデンウィーク期間中は予定をしっかりたてておいて「指定席」を何とかとる計画を立てたいものです。

公共交通期間の混雑ピークですが全般的に見てピーク時間は

GWの初日および2日目の午前で、Uターンについては最終日午前あるいはGW終わりの前日の午後がピークになりますね。

混雑は電車公共の交通機関については避けがたいですが、ピーク時間については外したいと思いますね。

各高速道路別の状況

高速道路によって、ピークになる日や時間が違いますよね。でも通常よりも3倍、4倍そして5倍も時間がかかる場所(区間)があります。

せめてその時間にその区間を通るのは外したいところです。

渋滞しやすい所、渋滞を想定すべき時間は押さえておきたいですね

方向 高速道路 時間 最大渋滞 通常時と比較
下り 東北自動車道 6時 30㎞ 4倍
下り 東北自動車道 10時 30㎞ 5倍
下り 関越自動車道 8時 45㎞ 3倍
下り 東名高速道路 7時 35㎞ 3倍
下り 東名高速道路 4時 30㎞ 4倍
下り 中央自動車道 6時 45㎞ 5倍
下り 中国自動車道 7時 30㎞ 4倍
上り 東名高速道路 8時 40㎞ 4倍
上り 名神高速道路 9時 35㎞ 4.5倍
下り 東北自動車道 9時 35㎞ 3倍
下り 常磐自動車道 10時 40㎞ 3.5倍
下り 関越自動車道 8時 50㎞ 3倍
下り 東名高速道路 8時 35㎞ 3.5倍
下り 東名高速道路 8時 30㎞ 3.5倍
下り 中央自動車道 6時 45㎞ 4倍
下り 中国自動車道 8時 30㎞ 5倍
上り 関越自動車道 18時 30㎞ 3倍
上り 東名高速道路 12時 30㎞ 3倍
上り 名神高速道路 8時 30㎞ 4.5倍
下り 東北自動車道 8時 30㎞ 3倍
下り 東名高速道路 7時 35㎞ 3倍
下り 中央自動車道 7時 30㎞ 3倍
上り 東北自動車道 18時 45㎞ 4倍
上り 関越自動車道 19時 40㎞ 4倍
上り 東名高速道路 18時 35㎞ 4倍
上り 中央自動車道 16時 30㎞ 3倍
上り 西瀬戸自動車道 17時 30㎞ 3倍
上り 神戸淡路鳴門自動 17時 30㎞ 3倍
下り 東名高速道路 14時 30㎞ 3.5倍
下り 中央自動車道 17時 30㎞ 3倍
上り 東北自動車道 16時 40㎞ 2.5倍
上り 東北自動車道 17時 30㎞ 2.5倍
上り 関越自動車道 16時 35㎞ 4倍
上り 東名高速道路 16時 40㎞ 3.5倍
上り 中央自動車道 16時 30㎞ 4倍
上り 西瀬戸自動車道 17時 30㎞ 3倍
上り 中国自動車道 17時 30㎞ 4倍
上り 神戸淡路鳴門自動 18時 50㎞ 4倍

高速道路での渋滞回避対策

左車線が速い傾向にある」ということが言われたことがありますね
高速道路の渋滞はたいてい追い越し車線が原因とも言われています。というのは道路が渋滞になってくると速度全体的に下がります。

速く行きたいクルマはうまく追い越し車線に入ろうとします。結果として追い越し車線の車の台数が増え渋滞が始まるというのです。

理論上、左車線のクルマ台数が減るので「左車線が速い傾向になる」というのですが、ゴールデンウィーク期間においては、その理論を超越した数の車の台数が高速道路に流れてくるわけですから、この理論は一つの考えということで受け止めたいところです。

おもしろい発想

大型トラックの後ろを走ると渋滞回避につながるということがいわれることもあります。

大型トラックは高いところから先の動きを見ているので渋滞状態を把握しいて効果的に車線変更していることやたいてい大型の後ろは圧迫されるのが嫌で、みんなが避けるので入りやすいとかと言われていますが、

果たしてこの点もゴールデンウィーク期間は「焼け石に水」でしょうか!?

Sponsored Links



渋滞を想定して準備

渋滞を覚悟した対策をした方が実際的!? どんなおすすめグッズがありますか?

渋滞中退屈させないゲーム
厳選した7つをこちらのページで紹介 「渋滞中の車内での暇つぶしゲーム7つを厳選!子どもも大喜び!」これで子ども・家族サービス準備万端です

携帯トイレ
サービスエリア、パーキングエリアに入れないことがありますから、トイレは備えとして必要かもしれません。特に子どもさんのいる家族は検討の余地がありますね。

車用インバーター
車用インバーターを準備しておけば家庭用の電化製品、スマートフォンやゲーム機などの充電ができますから旅行に役立ちますね。

マッサージグッズは運転者にとって助かりますよ。
長距離、渋滞できっと疲れもたまるでしょうから、100円ショップで役立つものは準備しておきたいね。

バッテリー上がり対策
手のひらサイズでも十分対応できるものがあって便利ですね。今はコンパクトなグッズが増えていますね。

2017のGW渋滞回避

十分の準備をしても渋滞に巻きこまれたら仕方ないですね。ゴールデンウイークの醍醐味かと思うしかないのかもしれません。

GWに海外へという人もいますね

そうであるならばそれなりの準備はしておきたいものです とくに現地での災害・犯罪に対して想定しておきたいですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする