2017から2018年の年末年始渋滞予測は? 渋滞回避方法は?

2017から2018年にかけての年末年始休みを今からしっかり計画を立てておきたいですね。帰省ラッシュ・Uターンラッシュのピークまた高速道路の渋滞予測や回避するための対処策は?年末年始休みはたいていいつからいつまでなのでしょうか。




年末年始の渋滞回避

今年の年末年始休みはどうなのでしょうか。

カレンダーをみると今回は例年通りの12月30日から1月3日までを一般的な年末年始休みという見方で見ると土日としっかり重なっているのです。こればかりは仕方がないですね

年末年始の連休パターン

パターン1
12/29(金) 12/30(土) 12/31(日) 1/1(月) 1/2(火) 1/3(水) 
6日間の休みという形をとっている会社もあると思います。

パターン2
12/30(土) 12/31(日) 1/1(月) 1/2(火) 1/3(水)
このような休みの予定の会社も多いでしょうね

パターン3
12/29(金) 12/30(土) 12/31(日) 1/1(月) 1/2(火) 1/3(水) に加えて
1/4(木) 1/5(金)も休みにして1/6(土)や1/7(日)も休みですから 連休を拡大してくれる会社もまれにありますね

計画が必要
連休はありがたいのですが、出かけるタイミング(帰省時期)が同じになる可能性が高いので渋滞対策も考えておく必要がありますね。

Sponsored Links



渋滞は例年以上

帰省ラッシュのピークを考えて出発時間を考える必要がありますが、高速道路渋滞は基本的には 12/30(土)あたりが渋滞になることが考えられますね

それを見越して前日29日の深夜から出かけるという人も多いですから12/29の夜も場所や地域によっては要注意になってきますね。

会社の休みの都合上こればかりはやむをえないですができる範囲で渋滞を避ける計画を立てたいと思います

2018年年始のUターンラッシュピーク
1/2(火) 1/3(水)あたりはUターンの渋滞を予期すべきですね。

高速道路の渋滞緩和

特に渋滞しやすいとされているポイントはどうしても普段以上の渋滞を想定しなければなりませんね。

よく渋滞を緩和する秘策というようなことを紹介しているところがありますが、小手先ではとても対応できないほどの渋滞になります。

年末年始の渋滞対策
渋滞を回避するには夜中など時間帯をねらって走るくらいの計画が必要ですし、一般道を絡めてどこの道を利用するのか? といった渋滞対策が必要ですね。

渋滞の起こりやすい区間を通るのは外したいですからしっかり計画を立てましょう。

Sponsored Links



年末年始渋滞の可能性

例年の渋滞状況を考えて高速の渋滞も予期しておく必要があると思います。

下り 東名高速道路 音羽蒲郡IC 30km
上り 東名高速道路 横浜町田IC 30km
下り 東名高速道路 大井松田IC 30km
下り 東名高速道路 音羽蒲郡IC 30km
上り 関越自動車道 高坂SA 40km
上り 中国自動車道 宝塚IC 30km
上り 東北自動車道 鹿沼IC 30km
上り 東名高速道路 豊川IC 30km
上り 東名高速道路 横浜町田IC 35km
下り 東名高速道路 音羽蒲郡IC 30km
上り 東名高速道路 横浜町田IC 35km

基本的な対策

渋滞を回避することができればそれに越したことはありません。

しかし渋滞はまず避けられないという前提で、渋滞したときに「いかに楽しめるか」という準備や計画。また必要なグッズを取り揃えておくことだと思います

Sponsored Links



渋滞への実際的な対策

高速道路が中心ならサービスエリアパーキングエリアに入れないことも想定しておく必要があります。

携帯トイレは備えとして必要になるかもしれません。

子どもたちのことは考えておく必要がありますね。

一般道を中心にというのであれば「道の駅」や「コンビニ」があることも一応確認しておきたいですね。

車用インバーターもあれば助かる車用インバーターを準備しておくことで家庭用の電化製品やスマホなどの充電もできますから旅行に役立ちますね。

マッサージグッズは長時間運転に助かります。

長距離運転や渋滞対策として100円ショップなどでマッサージグッズも用意しておきたいですね。

バッテリー上がり対策これは後で後悔しないために今は手のひらサイズでも十分対応できるものがあるのでネット通販で早めに購入準備しておきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする