いなべ市梅林公園の梅2017の見頃時期と穴場スポット

三重県いなべ市は北の養老山地と西の鈴鹿山脈にいだかれ、中央には員弁川が流れる、緑が豊かな自然に恵まれた地域です。そんないなべ市の農業公園内に有名な梅林公園があります。いなべ市梅林公園の見どころ・穴場情報をお届けします。




いなべ市の農業公園

農業公園は「エコ福祉広場」と「梅林公園」の二つのエリアで成り立っています。

38haの梅林公園には、「実梅」を中心とした梅林と「花梅」中心の梅苑の他に農業体験のできる、クラインガルデン(貸し農園)やブルーベリー園があります。

両方のエリアで、梅だけでなく牡丹など四季折々の花が咲き、また実を摘んだりすることもできます。

やはり一番人気があるのは、100品種、4500本もの梅が花開く頃に開催される梅まつりです。市民だけでなく、遠くからも多くの人が訪れます。

そんないなべ市梅林公園へでかける方のために、見頃時期や穴場スポットについてお知らせします。

2017年見頃時期

見頃は、2月中旬から3月中旬ごろです。梅まつりは年によって変わりますが、開花時期から約2週間開催されます。

Sponsored Links



見どころ・穴場スポット

梅の花は桜のようにいっせいには咲かないので、開いた花びらが落ちてもまだ蕾があったりします。ほんの数日違うだけで、まったく異なる景色になります。土の上に散った白や紅色の花びらの上を歩くことができるかもしれません。

梅まつりを楽しむ
一輪一輪、違う顔を持つ花を撮影するのも楽しみですね。
梅まつり開催中に、地元や近隣の特産品を販売する「うまいもん市」があるのでお腹も満足です。

高台から見下ろす
大梅林園は、まさに梅の花園です。多くの梅林は梅の木がぽつりぽつりと植わっていてそれぞれの木に咲く花や枝ぶりを楽しむことが多いのです

しかしここでは梅の木が狭い間隔で植わっているために、桃色の濃淡が重なりあい、ほんの少しの黄色い梅が彩りを添え、圧倒的な美しさです。

いなべ市農業公園梅林

交通アクセス

住所:いなべ市藤原町鼎3071番地
農業公園電話:0594-46-8377

公共交通機関
近鉄「桑名駅」~三岐鉄道北勢線「西桑名駅」から車で20分


名神高速道路【関ケ原IC】から国道365号を経由 約40分
東名阪自動車道【桑名IC】から約40分【四日市IC】から約50分

駐車場
500台収容の無料駐車場があります。
梅まつりの期間中は混雑するため、伊勢治田駅と阿下喜駅から無料のバス(1日2便のため要確認)が運行しています。

Sponsored Links



周辺情報・グルメ情報

農業公園内での情報
農業公園内には、自然の起伏を生かした4コースのパークゴルフ場があります。(18ホール利用料金 大人500円 子ども300円 梅まつり開催中は別途500円)

平成16年にオープンしてから、年齢やゴルフ経験に関係なく遊べるので、カップルからファミリーまで多くの人が利用しています。
梅だけでなく、まる一日農業公園だけで目いっぱい楽しむのもいいかもしれません。

農業レストラン「フラール」
農業公園内のレストラン「フラール」では、いなべ地域の農家さんが育てた新鮮・安全・安心な農作物を使った20~30種類のお料理をビュッフェ形式で食べることができます。公園内で栽培されたハーブや山菜も使われています。

魅力あるいなべ市梅林公園

2017年いなべ市梅林公園梅まつりの情報をお楽しみいただけましたでしょうか。

いなべ市は平成15年に4つの町が合併してできたまだ歴史の浅い市です。元々の町の特徴を生かしながら、全国の地方が抱える高齢者対策に取り組むために生まれたのが、この農業公園です。

地域の高齢者の方たちが大切に整備しているこの素晴らしい公園がこれからも維持されることを願っています。

Sponsored Links



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする