自動車運転免許更新や手続きはどうすればいいの?場所は?

自動車運転免許更新手続きはどうすればいいですか?再交付手続きは?有効期限が切れて手続きをする場合の注意点とは何でしょうか。運転免許証記載内容変更手続きや返納手続きの方法はどのようなものですか?全国の運転免許センターおよび試験場の連絡先は?




自動車運転免許更新手続き

運転免許証の更新期間は誕生日の前後1か月の2か月間

70歳以上の方については「高齢者講習」を受講する必要があります

手続きはどこで行えるでしょうか?

運転免許センター・運転免許試験場: 原則月曜日から金曜日ですが、場所によっては日曜日も行なっているところもあります。
警察:原則月曜日から金曜日です。

くわしくは更新ハガキを確認してください。

Sponsored Links



写真写りの改善と持込み写真

確かに更新の時にいつも出来上がってから後悔することがありますね。でも事前の対策でできることがあります。

自分で撮った写真を持ち込むという方法もあるのです

更新手続き講習の種類

優良運転者講習 継続して免許を受けている期間が5年以上で、過去5年間無事故無違反の方はゴールド免許証が交付されます。
一般運転者講習 継続して免許を受けている期間が5年以上であり過去5年間に軽微な違反(3点以下)が1回のみの方であれば5年間有効な運転免許証が交付されることになります。
違反運転者講習 優良運転者、一般運転者、初回更新者および高齢者講習受講者以外の方です
初回更新者講習 新規免許取得後5年未満で軽微な違反(3点以下)が1回以下の方です。
高齢者講習 更新期間の直前の誕生日で70歳以上になる方が受ける講習で、更新手続きをする前に指定の自動車教習所において「高齢者講習」または「チャレンジ 講習」のどちらかを選択し受講します。

Sponsored Links



免許更新の手数料?

送られてくる更新手続きのハガキを確認して最新の手数料を確認する必要があります。現時点では

手数料
優良運転者講習 3000円
一般運転者講習 3300円
違反運転者講習 3850円
初回更新講習 3850円
高齢者講習受講者 ※ 2500円

※高齢者講習は事前に受けることになり別途費用が必要です
平成27年4月1日から改正されています

必要な書類

 運転免許証
 更新通知はがき
 更新の手数料

更新期間満了日の年齢が70歳以上の方
 高齢者講習修了証明書または特定任意高齢者講習修了証明書が必要です

更新と同時に住所を変更する場合
 新住所を確認できる書類(住民票の写しや健康保険証又は新住所に届いた郵便物など )

更新と同時に氏名を変更する場合
 新氏名を確認できる書類(本籍の記載がある住民票の写し又は外国人登録証明書など )

Sponsored Links



運転免許再交付手続き

手続き場所:運転免許センターや運転免許試験場。原則月曜日から金曜日
手数料:免許センター試験場で確認

再交付の必要書類

 汚損等した運転免許証
 写真1枚が必要になります(無帽・正面・上三分身・無背景で、申請日前6か月以内に撮影したもの。大きさ縦3cm、横2.4cm)
 認印

同時に住所を変更する場合
 新住所を確認できる書類が必要になります( 住民票の写し、健康保険証又は新住所に届いた郵便物等 )
  ※県外からの転入の場合警察署では扱えないこともありますから事前に電話して確認するといいですね。

同時に氏名を変更する場合
 新氏名を確認できる書類が必要になります(本籍の記載がある住民票の写し又は外国人登録証明書等

有効期限が切れた手続き

やむを得ない事情の内容とは?

病気にかかりまたは負傷したことつまり入院などによる場合
海外旅行あるいは災害にあった場合
社会の慣習上または業務の遂行上やむを得ない緊急の用務が生じていたという場合
法令の規定によって身体の自由を拘束されていたようなやむを得ない状況の場合

手続き場所:運転免許センターや運転免許試験場。原則月曜日から金曜日
手数料:免許センター試験場で確認が必要(下に連絡先一覧あり)

有効期限切れの種類と免除される項目があります免許センター試験場で確認する

失効とは

免許証の有効期間内に更新をしなかったもので免許の効力が失われた日から6か月を経過しないものさしています

海外旅行や災害または病気等のやむを得ない事情のためにその期間内に運転免許の期限切れ手続きができなかったという場合は、事情が解消された日から起算して1か月を経過していないものをさしています

必要書類

本籍記載の住民票の写しまたは外国人登録証明書などが必要です
期限の切れた(失効)運転免許証
写真1枚が必要になります(無帽・正面・上三分身・無背景で、申請日前6か月以内に撮影したもの。大きさ縦3cm、横2.4cm)

やむをえず失効した場合の事実を証明する書類等について免許センター試験場で確認が必要

パスポートが必要です。国内免許証有効期間中または国内免許証失効後6か月以内に出国した以降の出入国の全記録が記載されているものですから、新旧パスポートです
医師の証明書など
災害にあった市町村の発行する証明書など

運転免許証記載内容変更手続き

手続き場所:運転免許センターや運転免許試験場。原則月曜日から金曜日
手数料:無料
※必要書類として運転免許証は必ず必要になります

状況に応じてさらに必要なもの
県外から転入場合は
写真1枚(無帽・正面・上三分身・無背景で申請日前6か月以内に撮影したものが必要。大きさは縦3cm、横2.4cmです)
住所を変更する場合は
新住所を確認できる書類が必要です(住民票の写し、健康保険証又は新住所に届いた郵便物などです)
氏名を変更する場合は
新氏名を証明できる書類が必要です (本籍の記載がある住民票の写しまたは外国人登録証明書などです)

運転免許証の返納手続き

運転免許証を返納しなければならない場合とはどのような場合ですか

免許が取り消された場合
免許が失効した場合
免許証の再交付を受けた後に紛失した免許証を発見したまたは回復した場合

返納しなければならない場合に返納しない場合罰金または科料の刑罰を受ける恐れがありますので注意が必要です

手続き場所:運転免許センターや運転免許試験場または警察署です。

手数料について:原則無料です。

※必要書類は運転免許証だけですが事前に確認しておくと間違いないですね

Sponsored Links



運転免許センターや運転免許試験場について
運転免許証の自主返納のページでも取り上げていますが各都道府県にある運転免許センターや運転免許試験場において手続きをすることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする