桧木内川堤の桜並木お花見2017の見頃時期と穴場スポット

東北は気温が低いので、桜は遅咲きになります。桜前線を追いかけてみるのも楽しいですね。桧木内川(ひのきないがわ)は、秋田県を流れる一級河川で雄物川水系玉川の支流です。国の名勝にも指定されている角舘の桜並木が有名です。桧木内川堤の花見の見ごろはいつのことでしょうか




桧木内川堤のソメイヨシノ

「さくらの名所100選」に選ばれている桧木内川堤のソメイヨシノは、昭和9年に植樹されました。

約2kmにわたって約400本の桜がいっせいに色づき、桜色のトンネルになります。これは見ごたえ十分の光景ですよ。

川はゆるやかに蛇行しているので、向こうの方まで見渡せて空に桜色の雲が浮かんでいるように見えます。

川の土手ぞいの桜は見事

各地で川の土手に桜が植えられ並木としてお花見客を集めています。桜を植えると春に花見客が大勢訪れ踏み固めることで、土手を強化されるから、という理由もあるそうです。

そんな思惑はさておいて、川の側はさえぎるものもないので風通しもよく、はらはらと花びらが舞うのを見るとほぉーっとため息がでるほど美しいものですね。

そんな桧木内川堤へお花見にでかける方のために、見頃時期や穴場スポットについてお知らせします。

Sponsored Links



2017年見頃時期

例年は4月下旬から5月上旬が見頃時期です。関西よりも1カ月も遅いです。GWの旅行で行かれる方も多いことでしょう。

見どころや穴場スポット

桜のトンネルを散策
川がゆるいカーブを描いていますので、遠くから全体を眺めると川に映る姿が楽しめます。そして醍醐味はやはり桜のトンネルを歩くことでしょう。

あまり意識されたことはないかもしれませんが、桜の木は、密生していて午前中風のない日であればほのかに香ります。

朝露をふくんでいる時間帯になるでしょうか。開放された場所にある1本の桜だと香りはしませんが、トンネルであれば春の訪れを告げる香りをかぐことができるでしょう。

息をのむ美しい夜桜

桧木内川堤で有名なのが夜のライトアップです。さえぎるものがほとんどなく、川沿いを咲き乱れる姿は圧倒的な美しさですので、必ずご覧になって欲しいと思います。

シダレザクラ
350年ほど前に京都三条西家から持ってきた嫁入道具の中に3本の桜の苗木がありました。

それが元になって長い長い時を経て、今日に残る有名な「角館のシダレザクラ」になったともいわれています。

華麗なシダレザクラの花は、城下町の風情ある城下町と見事な調和を見せています。

交通アクセス

住所:秋田県仙北市角舘町
お問い合わせ電話:0187-43-3352

公共交通機関
JR線「角舘駅」から徒歩20分 
角舘駅から徒歩1分観光案内所の前にレンタサイクル魚弘さん(電話:0187-53-2894)があります。1台1時間300円です。


秋田自動車道【大曲IC】から国道105号を経由 約40分

駐車場
1500台収容の有料駐車場があります。

Sponsored Links



周辺情報や近くのおいしい店

歴史ある城下町ですので、美術館・博物館などの見どころも美味しいものもたくさんあります。

武家屋敷「青柳家」
武家屋敷には、入館できるところもあります。サイクリングで桜を見ながら、そんな昔のお屋敷に足を踏み入れるのも楽しいのではないでしょうか。

「青柳家」は秋田県の指定文化財となっています。三千坪の屋敷内に6つの資料館もあり、四季それぞれの風情が楽しめるようになっています。角舘武家屋敷の象徴とも言えるお屋敷です。

郷土料理「食堂いなほ」
秋田といえば、比内地鶏を思い浮かべる人も多いですね。この「食堂いなほ」では美味しくて、無添加の身体に安全安心な調味料が使われています。

いちばん人気があるのは、「がっこ懐石」1500円です。2番目の人気メニューは「稲穂風比内地鶏」1900円です。

桧木内川堤の桜は見てみたい

2017年桧木内川堤の桜情報お楽しみいただけましたでしょうか。

5月まで桜が楽しめるのは嬉しいですね。秋田県は歴史もあり、その中で桜も大切にされています。自然と歴史がともに共存し、息づいています。

今から計画してこの桜の風景をごらんになってください。

Sponsored Links



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする