熊谷桜堤の桜お花見2017の見頃時期と穴場スポット

熊谷桜堤は、江戸時代から知られ親しまれている桜の名所です。荒川沿いのソメイヨシノの並木は約500本、土手に沿って一列に植えられている為、遊歩道を歩けばまるで桜のトンネルのような圧巻の景色です。

土手の上から見下ろすならばまた一味違った角度の桜を楽しむことができます。日本桜の名所100選に選ばれており、首都圏近郊から気軽に楽しめるお花見スポットとして有名です。

今回はそんな首都近郊の桜の名所「熊谷桜堤」についてご紹介します。




熊谷桜堤の花見

例年の見ごろの時期は3月下旬から4月上旬ごろ。おおよそニュースで関東の桜の開花時期を目安にすると丁度良いです。さくら祭り期間中には桜並木の下に屋台が軒を連ね、そのにぎやかな景色もまた静かな並木とは一味違った趣のある景色です。

部分的には菜の花が咲き誇る熊谷桜堤では、黄色い菜の花とピンク色の桜の花が一度に楽しめるスポットもありますので、ぜひ探してみてください。対岸の土手から桜並木を一望するのもおすすめの楽しみ方です。

また、さくら祭り期間中はライトアップも行われ、18時から21時までは幻想的な夜桜を楽しむこともできます。

熊谷桜堤へのアクセス

電車
首都圏からも十分日帰りで夜桜まで楽しむことができるJR熊谷駅から、徒歩約5分の距離です。
また、秩父鉄道熊谷駅からも徒歩約5分で行ける好ロケーション。


河川敷沿いに駐車場もあり、国道407号線沿いから自動車で直接向かうことも可能です。

Sponsored Links



いろいろ楽しめる熊谷桜堤

周辺の新堤緑地・熊谷荒川緑地・荒川運動公園でグループの趣向に合わせた遊びを計画してみてはいかがですか

熊谷桜堤は荒川沿いの土手のため、周囲に公園や緑地が点在しています。花見を兼ねてちょっとしたスポーツを行ったり、荒川公園でファミリー向けの時間を過ごすこともおすすめです。

駅前に戻れば駅ビルも発達している為、ニットーモールでショッピングやカフェでの休憩もできる等、熊谷桜堤周辺は便利で快適な施設がそろっています。

また、駅側から川を渡り少し足を延ばせば、リバーサイドゴルフ練習場があり、工場の多い対岸ながらもゴルフ好な方がちょっとした楽しみとなるような施設が点在しています。

Sponsored Links



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする