上越の花見処高田公園の桜2017見どころや穴場情報

高田公園は、新潟県上越市にある、徳川家康公の六男、松平忠輝公の居城であった高田場跡地に整備された都市公園です。園内には、高田場図間尺に基づいて再現された高田場三重櫓、土塁の外堀などがあります。上越の桜の名所、高田公園をご紹介いたします。例年4月1日から中旬の日曜日まで開かれるこの夜桜の祭りは、花火とともに桜の花を楽しむことができると有名です。




高田公園の桜見どころ

会期中は高田場三重櫓もライトアップされ、内堀の対岸に渡れば水面に移る三重櫓を見ることができます。
西堀川の歩道には露店が所狭しと立ち並びます。

公園南部の「さくらロード」は、夜になるとライトアップがされ、枝垂桜の傍は写真スポットとして人気です。
公園を囲むように桜が花を咲かせるので、園内のどこを歩いても桜咲く景色を楽しむことができるようになっています。

便利なアクセス

電車
高田駅からは徒歩約15分
トキ鉄・妙高はねうまライン「高田駅」より徒歩15分の高田公園。


上信越自動車道上越高田ICからは車で約10分、北陸自動車道上越ICからも車で約10分という便利な立地にあります。
会期中は普通車・大型車ともに臨時駐車場が設置され、駐車場からシャトルバスが運行されます。

Sponsored Links



周辺情報

朝から夜まで楽しめる高田公園周辺
毎年4月16日には高田駅傍の本町通りでは、本町商店街が歩行者天国となるイベントが開催されます。

また、商店街から一本先の大町通りでは4月2日・4日・7日・9日・12日・14日・17日に朝市が開かれ、早朝から花見客と朝市目当ての観光客で大変なにぎわいを見せます。

上越大通りに沿うように流れる青田川は、高田公園に負けず劣らず小さな桜の見どころです。河川敷両岸にどこまでも続く桜並木は一見の価値があります。

桜を十分に楽しむ

上越の桜の名所高田公園は、園内のどこを歩いても桜を楽しむことができる絶好の撮影スポットです。

会期中は露店が多数立ち並び、さくらロードの傍に設置されるさくらステージでは様々なイベントが開催されます。鉄道でのアクセスは私鉄の長野方面又は直江津方面からのみとなりますが、自動車でのアクセスが各インターチェンジから約10分の距離で非常に便利です。

また、公園の周辺でも駅前の通りで歩行者天国が行われたり、朝市などのイベントが豊富で、町一帯で夜桜に限らず観光も花見も一緒に楽しむことができるスポットとなっています。

Sponsored Links



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする