須坂の臥竜公園の桜花見2017の見頃時期と穴場スポット

臥竜公園は、長野県須坂市の歴史ある公園です。公園の設計者は本田静六で、明治神宮、日比谷公園、小諸懐古園を設計した日本で最初の林学博士でした。臥竜公園は昭和6年に世界恐慌の失業者対策事業として増築されました。公園内には須坂氏動物園や須坂市立博物館などがあり、四季の自然の姿のみではなく歴史資料や動物との触れ合いを楽しむことができます。今回は信州の桜の名所としての臥竜公園をご紹介いたします。




臥竜公園の桜とベストシーズン

開花時期は例年4月上旬~4月下旬頃
臥竜公園桜守の会による桜ガイドが1団体15人までを1000円にて受け付けています。

臥竜公園は「さくらの名所100選」に選ばれています。池の周りを囲むように160本のソメイヨシノをはじめ数多くの品種の桜が花を咲かせ、須坂市のホームページでは、信州須坂桜MAPが配布されています。

Sponsored Links



臥竜公園でみられる桜

種類が豊富な桜は以下の通りです。

ソメイヨシノ
コヒガンザクラ
ヤエザクラ
ヤエベニシダレザクラ
シダレザクラ
カンヒザクラ
オオヤマザクラ
エドヒガンザクラ
ヤマザクラ
ギョイコウ
ウコン
スマウラフゲンゾウ
ソノサトキザクラ
ソノサトリョクリュウ

日本で確認されている八重咲き黄系桜すべてが池の周囲でみることができます。

臥竜公園へのアクセス

電車
鉄道で東京方面から向かう場合、新幹線あさまで長野駅下車。長野電鉄で約20分、須坂駅下車。
自動車で向かう場合は、関越自動車道藤岡JCTより上信越自動車道、上田・菅平よりR144の峰の原高原から須坂方面へ。

大阪方面からは名古屋駅より中央西線、特急で名古屋駅下車。長野電鉄で約20分、須坂駅下車。


自動車で向かう場合は、名神・中央自動車道岡谷JCTより長野道、上信越自動車道更津埴JCTより須坂長野東ICから須坂方面へ。

臥竜公園は四季折々の姿が楽しめる中でも、池の周囲を囲む満開の桜の景色は圧巻。水面に移る桜と相まってより一層美しい姿を見せます
春の須坂市内では至る所で桜が花を咲かせ、徒歩で廻れる範囲から、車で足を延ばす距離にまで桜マップが用意されています。須坂駅前には観光案内所があり、市内観光のマップを片手に桜巡りをするのも楽しめると思います。

Sponsored Links



桜は期間限定

桜の季節はあっという間に過ぎ去ってしまうものですね。

でも春の暖かさを感じさせるものでもあります。臥竜公園には数多くの桜がありその種類は豊富です。

それで今から良い計画を立てて長野県須坂市の歴史ある公園での花見を楽しみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする